PR

 米Dellは米国時間2月10日に,2005会計年度第4四半期(2004年11月~2005年1月)と通期(2004年2月~2005年1月)の決算を発表した。第4四半期の売上高は135億ドルで前年同期の115億ドルと比べ17%成長。GAAPベースの純利益は6億6700万ドルで,前年同期の7億4900万ドルと比べ11%減少した。GAAPベースの1株当たり利益は26セントで,前年同期の29セントと比べ10%減となった。

 「当期は,各種の製品およびサービスが強い成長をみせ,かつてないほど好調な四半期となった。売上高,出荷台数,営業利益,営業キャッシュ・フローが過去最高を記録した」(Dell社)

 世界全体における全製品の出荷台数は前年同期比19%増加した。ノート・パソコンは同30%急増し,サーバーは同25%伸びた。

 ただし米メディアの報道(internetnews.com)によると,「消費者市場は軟調だった」(Dell社)という。

 地域別では,欧州/中東/アフリカ(EMEA)の製品出荷台数が前年同期比29%増加。サーバーなどの企業向けシステムは同30%増,ノート・パソコンは同34%急増した。日本を含むアジア太平洋の製品出荷台数は同27%増加。ノート・パソコンは同29%増だった。米大陸も好調で,サーバーは同25%増,ノート・パソコンは同28%増加した。

 通期の売上高は492億ドルで,前年度の414億ドルと比べ19%増加した。GAAPベースの純利益は30億4300万ドルで,前年度の26億4500万ドルから15%増益となった。GAAPベースの1株当たり利益は1ドル18セント。前年度の1ドル1セントと比べ17%増加した。


■2005会計年度第4四半期および通期の業績(1株当たり利益を除く単位:100万ドル)

2004年11月 2003年11月 成長率 2004年2月 2003年2月 成長率
~2005年1月 ~2004年1月 ~2005年1月 ~2004年1月

売上高 $13,457 $11,512 17% $49,205 $41,444 19%

営業利益 $1,187 $981 21% $4,254 $3,544 20%

プロフォルマ・
ベースの純利益 $947 $749 26% $3,323 $2,645 26%

GAAPベースの
純利益 $667 $749 (11%) $3,043 $2,645 15%

プロフォルマ・ベース
の1株当たり利益 $0.37 $0.29 28% $1.29 $1.01 28%

GAAPベース
の1株当たり利益 $0.26 $0.29 (10%) $1.18 $1.01 17%

 Dell社CEOのKevin Rollins氏は,2006会計年度第1四半期(2005年2~4月)の製品出荷台数が21%伸びると予測している。「これにより,売上高は前年同期比16%増の134億ドル。1株当たり利益は同32%増の37セントを見込む」(同氏)

◎関連記事
米Dellの2004年8~10月期決算は18%増収,「EMEAとアジアがけん引」
米IBMの2004年Q4決算,純利益31億ドルで過去最高
米Sunの10~12月期決算,前年同期比1.6%減収だが黒字回復
米Intelの2004年Q4決算は過去最高の売上高,「IA事業が好調」
米Appleの2004年10~12月期決算,売上高,純利益ともに過去最高
米Microsoftの10~12月期決算は7%増収で大幅増益,「『Xbox』が好調」
「2004年Q4のPC市場,およそ14%成長」,米IDC
「2005年の世界PC出荷台数,減速傾向なるも10.1%増加の見込み」,米IDC調査

[発表資料へ]