PR

 米IBMは米国時間2月15日に,ISV(独立系ソフトウエア・ベンダー)向けLinux推進プログラム「IBM eServer Application Server Advantage for Linux」(開発コード名は「Chiphopper」)を発表した。米Novellと米Red Hatが協力する。

 Chiphopperに参加するISVは,自社のLinuxアプリケーションをIBM社の「eServer」製品全般にポーティングできる。米Intelあるいは米AMDのx86プロセサを搭載したシステムに対応する既存のLinuxアプリケーションを,IBM社の「eServer iSeries」「同pSeries」「同zSeries」「同xSeries」「同BladeCenter」「同OpenPower」「TotalStorage」などで動作可能にするためのテスト・ツールやサポートを提供する。

 主な内容は以下の通り。

・ISVのアプリケーション・コードを検証し,ポーティングに関する問題を特定して適切な修正方法を提示するツール「Source Code Testing and CHecking Tool」を無償提供

・アプリケーションのポーティング・テストに必要な装置,ネットワーク,ソフトウエア,技術リソースを備えたテスト・センター「Innovation Centers for Business Partners」へのリモートおよびオンサイト・アクセスを許可

・クロスプラットフォームLinux対応が完了した製品には,「Ready for IBM eServer with Linux」ロゴを与え,最大2年間のサポートを無償で提供

 また同社は,Chiphopperの提供に伴い,ISV支援プログラム「PartnerWorld Industry Networks」で三つのコミュニティを新設する。SolarisからLinuxへの移行を支援する「Solaris-to-Linux Special Interest Community」,WindowsからLinuxへの移行を支援する「Windows-to-Linux Special Interest Community」,x86向けLinuxアプリケーションのeServer zSeriesおよびPOWERプロセサ搭載システム対応を支援する「Chiphopper Special Interest Community」の各コミュニティでは,事例やホワイトペーパーをはじめ,IBM社のイベント,移行ロードマップ,技術ガイダンス,移行ツール,フォーラムへのリンクなどを利用できる。

 そのほか,PartnerWorld Industry Networksを通じて,販売およびマーケティング支援サポートも提供する。

◎関連記事
米IBM,POWER5搭載のLinuxサーバー「eServer OpenPower 720」を発表
米IBM,POWER5搭載Linuxサーバー「eServer OpenPower」の低価格モデル
米Novellと米IBMが提携拡大,eServer製品に「SUSE LINUX Enterprise Server」をプリインストール
「ドイツの鉄道会社Deutsche BahnがLinuxへ移行」,米IBM
米Red Hatが政府機関向け部門を新設,「政府機関のLinux需要に応える」 
「Linuxへの移行を望む企業はまだ少数」,米Yankee Group
「2008年のLinux関連市場は357億ドル規模」,OSDLが米調査を引用 
ミュンヘン市がLinux移行計画を一時凍結,特許侵害を懸念 

[発表資料へ]