PR

 「米Mozilla FoundationのWebブラウザ『Firefox 1.0』のダウンロード数が,リリース開始以来100日足らずで2500万件を突破した」。Mozilla Foundationが米国時間2月16日に発表した。また,同ブラウザの普及を目的としてMozilla Foundationが有志を募って活動している「Spread Firefox」の会員数が7万人を超えたという。

 Firefoxはタブ方式のWebブラウザで,常に更新されるコンテンツをブックマーク・メニュー内で閲覧可能な「Live Bookmark」機能,ポップアップ防止機能などを備える。また,Mozilla Foundationのボランティアによって28カ国語に翻訳されている。

 Mozilla Foundation会長のMitchell Baker氏は,「ダウンロード数が2500万件以上に達したばかりか,その数は今も着実に増加している。Firefoxはユーザー・フレンドリなブラウザとして,多数のユーザーに急速に受け入れられつつある」と述べた。

 Firefoxは同社Webサイトから無償でダウンロードできるほか,マニュアル付きのCD-ROMを購入することも可能。

◎関連記事
IEの寡占状態を崩せるか,オープンソース軽量WebブラウザFirefox1.0が正式リリース
米New York Times紙にWebブラウザ「Firefox」の2ページ全面広告
FirefoxやMozillaなどにアドレス・バーや証明書の表示を偽装される脆弱性
Mozillaがシェア急伸,IEはシェアを5ポイント落とす
【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか
Firefoxのシェアがブラウザ市場の5%に迫る
WebブラウザOpera新版のベータ公開,RSSや音声認識/読み上げ機能を搭載
「IE 7.0ベータ版を夏に公開,個人向けAntiSpywareは無償で」――Gates氏

[発表資料へ]