PR

 米IBMは,同社の「eServer iSeries」サーバーを,ドイツSAPのERPアプリケーションと米Clear TechnologiesのCRMアプリケーション向けにそれぞれ構成したモデルを米国時間2月16日に発表した。

 SAP社の「mySAP ERP」に向けた「eServer i5 Solution Edition for mySAP ERP」は,中規模企業における企業資源計画の簡素化を支援する。IBM社のミッドレンジ・サーバー,ソフトウエア,ミドルウエア,ストレージから成る。中規模企業の限られたIT資源と予算を考慮しており,同一サーバー上でSAP社および他社のアプリケーションを複数実行できるため,何度もシステムのテストや開発を行う必要がない。

 iSeriesサーバーでは,必要に応じてCPU性能を割り当てる同社の技術「Capacity on Demand」を採用し,「顧客はより適切にシステムのコストを管理できる」(IBM社)。

 2ウエイまたは4ウエイの「POWER5」プロセサ搭載「eServer i5 550」を用意する。いずれもメモリー,ハード・ディスク,ネットワーク・アダプタをカスタマイズ可能。2ウエイ・モデルには「i5/OS」および「DB2」のライセンスが2件,4ウエイ・モデルには4件含まれる。

 Clear Technologies社の「C2CRM」に向けた「eServer i5 Solution Edition for C2CRM」は,企業が顧客対応の業務プロセスを大幅に効率化し,顧客のロイヤリティを高め,ビジネス・プロセスやマーケティングおよび販売を向上できるようにする。eServer i5 550にミドルウエア・コンポーネントを組み合わせ,Capacity on Demandをオプションで提供する。

 eServer i5 Solution Edition for mySAP ERPと同C2CRMは,ともに2月18日に利用可能とする。

◎関連記事
米IBMが「iSeries」の新モデルを発表,新機能はオンデマンドでのCPU追加/停止など
米IBM,POWER5搭載Linuxサーバー「eServer OpenPower」の低価格モデル
米IBMがASPの米Corioを1億8200万ドルで買収
米IBM,体系的なSOA導入を可能とする企業向けサービス「SOMA」を発表
米IBM,POWER5搭載のLinuxサーバー「eServer OpenPower 720」を発表
米IBM,「POWER5」搭載サーバー「eServer p5」製品系列を発表
米IBMと米Motorola,「eServer BladeCenter」ベースの通信業界向け製品で協力
米Novellと米IBMが提携拡大,eServer製品に「SUSE LINUX Enterprise
Server」をプリインストール
 

[発表資料へ(その1)]
[発表資料へ(その2)]