PR

 米SCO Groupは,店頭株式市場NASDAQを運営する米Nasdaq Stock Marketから,上場廃止の警告を受けたことを,米国時間2月17日に明らかにした。

 SCO社は市場規則「Marketplace Rule 4310」の履行を怠り,2004年10月31日締めの同社会計年度における年次報告書(Form 10-K)を期日までに提出をしなかった。そのため,同社の株式は上場廃止の対象になる。

 SCO社は2月16日に通知を受け取った。SCO社が審問を要求しない場合は,2月25日にNasdaq SmallCap Marketから上場廃止となる。同社は資格審査団であるNasdaq Listing Qualifications Panelに審問を要請する予定で,同審査団が結論を出すまで,上場廃止は保留される。ただし,「これは上場継続を保証するものではない」(SCO社)。

 なお,提出不履行の結果として,同社の株式銘柄は2月18日の取引より,末尾に「E」を加えた「SCOXE」と表示される。

 同社は年次報告書を期日までに提出しなかった理由として,「株式報酬プランに従った普通株の配当に関して,一部で問題があり,詳しく調査しているため」と述べている。

◎関連記事
米SCOの2004年8~10月期決算,SCOsource事業不振で減収/赤字拡大
米SCO,出資撤退の米BayStarと手続きが難航
米SCOがついにLinuxユーザーを提訴,自動車業界大手のDaimlerChryslerと米AutoZoneが標的に
米SCO,UNIX著作権の主張を巡って米Novellを提訴
オープンソースの法的リスクは誰が背負うのか
「Linuxを利用する企業が特許侵害訴訟を起こされる可能性あり」,米OSRMが調査結果を発表
「Linuxに著作権侵害は認められず」,米OSRMが調査結果に基づき訴訟費用保険を開始
OSDLがLinuxユーザー企業の訴訟費用を援助する基金を設立,米IBMや米Intelなどが寄付

[発表資料へ]