PR

 買収により,New York Times社はデジタル・ポートフォリオの拡充,オンラインの広告ベースの強化と多様化を狙う。手続きは同年第1四半期の下旬から第2四半期の初旬に完了する予定。

 About社は,メディア大手のPRIMEDIA社の子会社。About.comはもっとも頻繁に訪問されるサイトの1つであり,日常的な問題に対して実用的な解決方法を提供している。1ヶ月に2200万人のユニーク・ビジターが利用している。

 New York Times社は,NYTimes.com,Boston.comを始めとして40を超えるWebサイトを運営しており,毎月1300万人を超えるユーザーが利用している。NYTimes.comだけで月間の平均ページビューは3億5000万ページに達している。

 Nielsen/Net Ratings社の調査結果によれば,About.comの2200万人の月間ユーザーとTimes社の1300万人のユーザー・ベースを合わせると,インターネット上で12番目に大きなユーザー・ベースを獲得することになる。

 買収後,Aboutは独立した事業部門として運営を行なう。New York Times社は,About.comのコンテンツの拡充とブランド名の向上を期待するとともに,About.comのユーザー・ベースに製品の販売を行なう予定。同社は,2007年から買収の結果が増収となって表れると予測している。

◎関連記事
「2004年10月の米国Webサイト視聴,米大統領選挙が大きく影響」,米調査
米Yahoo!が米国の証券取引所と提携,金融データ配信サービスを開始
「2004年Q3のオンライン広告市場は前期比2.4%増,初期段階を脱して安定期へ」,米調査
米Dow Jones,金融関連ニュースの米MarketWatchをおよそ5億1900万ドルで買収

発表資料へ