PR

 米Go Daddy Groupは,オープンソース・ソフトウエア・プロジェクト「bona-fide」にSSL証明書「Turbo SSL Certificate」を無償で提供する。同社が米国時間2月18日に発表した。オープンソースのソフトウエア・プロジェクトにおいて,開発者はソースコードの閲覧,再配布,修正とともに基礎となるソフトウエア・コードに自由にアクセスできるようになるという。

 Go Daddy社は,これまでにも大規模なPHPアプリケーションを作成するアプリケーション・フレームワークと開発環境の構築を行なっているオープンソース・プロジェクト「binarycloud」に無償でSSL証明書を発行している。

 Turbo SSL証明書は,Go Daddy社からオープンソース・プロジェクトに数分以内に発行される。ブラウザ認識率は99%で128ビットのWebサーバー・セキュリティを提供する。同サービスは,通常年間29.95ドルで提供されている。

 同社のオープンソース・プロジェクト向けSSL証明書の無償提供に関する詳細は,同社WWWサイトに記載されている。

◎関連記事
「企業によって“強固な認証”の最適解は異なる」――米RSA SecurityのCEO
「世界に通用するオープンソース人材を」リナックスアカデミーがミラクルと提携し高度教育コース
「『Firefox』のダウンロード数が2500万件を突破」,米Mozilla Foundation
欧州議会がソフトウエア特許指示草案の再提出をECに要求

発表資料へ