PR

 米Microsoftは米国時間2月21日に,IQの高い人々が登録する国際組織Mensaの米国支部American Mensaとの提携を明らかにした。American Mensaの公式サイトで,Microsoft社インターネット事業MSNのオンライン検索サービス「MSN Search」を採用する。

 American Mensaの国内マーケティング担当ディレクタ,Jim Blackmore氏は,「難問を解くことが好きな人々の集団であるAmerican MensaのWebサイトでは,高速で正確な検索結果が期待されている」と述べた。

 Mensaは,人口比2%と言われる高いIQの持ち主が入会する組織で,現在100カ国以上から10万人以上が登録している。米国のメンバーは5万人強にのぼるという。

 MSN部門は,American Mensa主催のイベントでスポンサも務める。3月4~6日にアリゾナ州で開催される教育フォーラム「Mensa Colloquium 2005」や,4月15~17日にフロリダ州で開催される新作ゲーム評価大会「Mind Games」などが対象となる。また,文化知識を競う年次大会「CultureQuest」の過去の出題などを,MSNサービスのホームページで提供する計画である。

◎関連記事
米Microsoft,同社開発の検索サービス「MSN Search」を正式に開始
米Googleが米Microsoftに突きつけた挑戦状
米Google,検索キーワードを推測する「Google Suggest」ベータ版を提供開始
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
Web実態調査で,MSとYahoo!がGoogleとの差を詰める 
「北米と欧州の検索エンジン利用,米国以外でGoogle人気が顕著」,米調査
米Google,米英学術機関と蔵書のデジタル化で協力

[発表資料へ]