PR

 米BEA Systemsは,ソフトウエア開発ツール関連の業界団体Eclipse Foundationに役員メンバーおよび戦略的開発者(Strategic Developer)メンバーとして参加する。同社が米国時間2月22日に明らかにしたもの。

 Eclipse Foundationには,現在91社が参加しており,そのうちStrategic Developerメンバーは8社のみという。

 また,BEA社の上級アーキテクトが,Webアプリケーション向けの各種ツールを提供するプロジェクト「Eclipse Web Tools Platform(WTP)」の管理委員会で共同責任者を務めることでも承認を受けた。同社は,WTPの各種機能を「BEA WebLogic Workshop」の将来版に組み込む予定である。

 そのほか,同社が今回発表したEclipse関連の主な取り組みは以下の通り。

・Java仮想マシン(JVM)「WebLogic JRockit」対応プラグインをEclipseコミュニティに無償で提供する。JavaプロファイリングとJavaメモリー・リーク診断向け。

・アスペクト指向プログラミング(AOP)の統一プラットフォームを目指し,オープンソース・プロジェクト「AspectWerkz」を「Eclipse AspectJ」プロジェクトに統合する。統合プロジェクトによるフレームワーク「AspectJ 5」は2005年前半にリリースする予定。

 ちなみに,米SybaseもStrategic DeveloperメンバーとしてEclipse Foundationに加盟することを,同日発表している。

◎関連記事
「Eclipse」コンソーシアムが非営利団体としての独立を正式発表
Eclipse,オープンなテスト・ツール・プラットフォームのプロジェクトを発表
Javaを巡るSunとIBMの争点「Eclipse」とは
米CAがEclipse Foundationに参加,トップレベル・プロジェクトにコードを提供
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
米IBM,「Rational」製品系列のEclipse対応ソフト開発支援機能を発表
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」--米調査
米AMDと米XenSource,オープンソースの仮想化エンジン「Xen」をAMD64に移植

[発表資料(BEA社のプレス・リリース1)]
[発表資料(BEA社のプレス・リリース2)]
[発表資料(Sybase社のプレス・リリース)]