PR

 ノルウェーのOpera Softwareは,音声認識機能を搭載した電子番組ガイド(EPG)を現地時間2月21日に発表した。「リモコンを使用せずに,DVDプレーヤ,DVR,デジタル・セットトップ・ボックス(STB)などを簡単に操作できる」(同社)

 音声命令により,複雑に構築されたデータのナビゲーションを実行する。米メディアの報道(internetnews.com)によれば,STBに向かって「ドキュメンタリーが観たい」などと話しかけると,数多くあるチャンネルの中から,関連情報を表示するという。

 同EPGは,IBM社の「WebSphere Multimodal Toolkit」を用いてマルチモーダル・プログラミング言語の「XHTML+Voice」(X+V)で記述する。IBM社の音声認識技術「Embedded ViaVoice」を利用する。

 Opera社は,WebブラウザとHTML/JavaScriptベースのプレゼンテーション・エンジンで,ホーム・メディア市場での地歩獲得を狙っている。今回のEPGで,民生電子機器分野における音声対応Web技術の認知度向上を図る。数週間以内には,パソコン向けOperaブラウザの音声対応バージョンをリリースする予定。

◎関連記事
「IPGの世界市場は2008年に約10億ドル規模に」,米調査 
W3Cのマルチモーダル標準化を目指す「Multimodal Activity」に対しVoiceXML Forumがサポートを表明 
米Microsoft,大手ケーブル2社と「Microsoft TV IPG」の試行で提携
米ジェムスター,電子番組ガイドの特許侵害訴訟で不服申し立てへ
米Gemstarとパイオニア米国子会社がライセンス契約,両社間の特許侵害訴訟に終止符
ソニー,Blu-Ray Disc対応DVDレコーダで米Gemstar-TV Guideの電子番組表技術を採用
ノルウェーのOpera,モバイル向けインタラクティブ番組ガイド「mobileIPG」を発表
米Comcastと米Gemstar,共同でインタラクティブな番組ガイドの開発グループを結成

[発表資料へ]