PR

 米Mozilla Foundationは米国時間2月23日に,Webブラウザ「Mozilla」や「Firefox」などの開発進行状況について明らかにした。同社が2月14日に行った会議の内容を公開したもの。

 Mozillaのバージョン1.8ベータ版は,トランク(trunk)でのセキュリティ修正を行ったのち,リリースしてフィードバックを募る予定。セキュリティ修正は2点。ブロッカーは23件あり,うち11件は承認済み。

 Firefoxのバージョン1.0.1は,Mozilla 1.8ベータのあとにリリースする。懸念材料は,「Microsoft VM」のJavaアプレット読み込みにおける脆弱性を悪用するトロイの木馬「ByteVerifier」で,スタート・ページで警告を表示するなどの対応策を話し合ったという。「米Sun Microsystemsが重要なアップデートを行うべき」(Mozilla Foundation)

 ちなみにMozilla Foundationは,PDA向けMozillaブラウザ「Minimo」の「Windows CE」対応版の開発を進めており,開発担当者のDoug Turner氏が,2月16日に「ポーティング自体はほぼ完了している」とのコメントを,ニュースグループ・サイトに投稿している。米メディアの報道(CNET News.com)によると,Windows CE対応版は今夏リリースの見込み。なお現行のMinimoは,Linuxのみサポートする。

 また,Mozilla Foundationはセキュリティ強化に向け,セキュリティ関連の人材を採用する予定である。

◎関連記事
米Mozilla Foundation,「Firefox 1.1」最終版リリースを3カ月遅らせ6月に
「『Firefox』のダウンロード数が2500万件を突破」,米Mozilla Foundation
ブラウザ戦争が再燃? MozillaやFirefoxの人気が急上昇
Mozillaがシェア急伸,IEはシェアを5ポイント落とす
Firefoxのシェアがブラウザ市場の5%に迫る
【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか
IEの寡占状態を崩せるか,オープンソース軽量WebブラウザFirefox1.0が正式リリース
「IE 7.0ベータ版を夏に公開,個人向けAntiSpywareは無償で」――Gates氏

[発表資料へ]