PR

 米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)は,地域情報検索サービス「Local Search」の提供を開始した。同社が米国時間2月24日に明らかにしたもの。Local Searchは,同社の検索サービス「AOL Search」の一環として提供する。「家庭や職場や旅行先など,地域に密着した情報を提供する」(同社)

 同サービスでは,「AOL Yellow Pages」「AOL CityGuide」「Moviefone」「MapQuest」などが提供する最新の情報とコンテンツを集約して,検索結果を表示する。ユーザーは検索したいエリアを事前登録することで,特定地域の店舗やイベント,映画情報などを検索できる。

 検索画面はカスタマイズ可能で,業種,目的地までの距離,レーティングなどによって絞り込み検索を行える。検索結果には地図や道順のほか,写真,簡単な説明,イベント・スケジュールなども掲載する。複数の郵便番号を登録すれば,各地域別の検索結果を自動的に表示できる。

 また,レビューや口コミ情報に加え,検索対象となる頻度が最も高い人気レストランやエンターテインメント情報も提供する。さらに,「ShopLocal.com」を通じたショッピング,「OpenTable」によるレストランの予約,「AOL Tickets」を使ったチケット購入などが行える。

 同社は近々,地域ニュースサイト「Topix.net」の協力を得て,地元ニュースの検索機能も提供する予定である。

 AOL社Search and Directional Media担当副社長のJim Riesenbach氏は,「オンライン検索の20%は,最寄りの映画館,レストラン,小売店など,地域情報に関するものだ。地域情報検索サービスは成長途上にある重要な分野と言える」と説明する。

 なお米メディア(CNET News.com)によると,同分野には米Yahoo!,米Google,米Amazon.comの子会社A9.comなどが参入しており,競争が激化しているという。

◎関連記事
米Yahoo!,地域情報検索サイト「Yahoo! Local」を正式にスタート
米Google,地域の情報を検索できる新サービス「Google Local」を開始
米Google,新たな地域検索サービス「Google Maps」のベータ版開設
米Amazon.com子会社,新検索サイト「A9.com」を開設,検索履歴などパーソナル化が可能
米A9.com,地域の通りを「バーチャルで歩き回れる」新サービスを発表
「米国ユーザーの検索エンジン利用,米Googleが引き続き優勢でリードを広げる」,米調査
「Webサイトの顧客満足度,GoogleやYahoo!が高得点」,米調査
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査

[発表資料へ]