PR

 米Become.comは,ショッピングに特化した検索エンジン「Become.com」のベータ版運営を開始した。Become.com社が米国時間2月23日に明らかにしたもの。正式版は,2005年なかごろに利用可能とする予定。

 Become.comは,比較ショッピング・サイトmySimonの創設者であるMichael Yang氏とYeogirl Yun氏が開発した検索エンジン。Michael Yang氏がBecome.com社のCEOを務める。

 製品レビューや購買ガイド,商品記事などを掲載する22億ページ以上のWebページをインデックス化している。特許申請中の「Affinity Index Ranking(AIR:類似性インデックス・ランキング)」技術を用い,「消費者や販売店に大きなメリットのある検索結果を提供できる」(同社)。

 Become.com社が引用した米comScore Networksと米DoubleClickの調査結果によると,「オンライン購入者の50%が,購入前に検索エンジンで商品を調べる」という。また米Jupitermediaの調査事業部門であるJupiter Researchの調査から,「検索エンジン利用者は多過ぎる検索結果に不満を感じている」ことがわかったという。

 「Become.comを使うと,膨大な数の商品を選別する際に,的確な情報をより迅速かつ簡単に入手できる。価格のみに注目する比較ショッピング・サイトと異なり,Become.comは専門家によるレビュー,購入アドバイス,関連記事といった役立つ情報を提供する」(Michael Yang氏)

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Michael Yang氏とYeogirl Yun氏はmySimonを2000年に7億ドルで米CNET Networksに売却している。

◎関連記事
米AOLが検索サービス「AOL Search」を機能強化,デスクトップ検索も視野に
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
米Yahoo!,検索エンジン「Yahoo!」と「My Yahoo!」のトップ・ページを刷新
米Yahoo!,欧州比較ショッピング・サービスのKelkoo社を約4億7500万ユーロで買収
「ブラック・フライデーのオンライン・ショッピング,前年より11%増加」,米調査
「2004年オンラインのホリデー・ショッピング,11月第2週に訪問者が60%増加」,米調査
「米国消費者の過半数がホリデー・ショッピングのリサーチにオンラインを利用」,米調査
比較ショッピングがブーム――Yahoo!など大手の参入で早くも過当競争に突入

[発表資料へ]