PR

 米JBossが,オープンソースの開発用ミドルウエア「JBoss Enterprise Middleware System(JEMS)」対応オープンソース・プロジェクトを支援する取り組み「JBoss Open Source Federation」を,米国時間3月1日に発表した。プロジェクトに参加するパートナに対し,各種サービス,技術インフラ,マーケティング支援を提供する。

 JBoss Open Source Federationでは,J2EE 1.4準拠のアプリケーション・サーバーJBoss Application Server,Java Servlet/JavaServer Pages(JSP)WebコンテナApache Jakarta Tomcat,オブジェクト/リレーショナル・マッピング(ORM)エンジンHibernate,ビジネス・プロセス管理用(BPM)ソフトウエアJBoss jBPMなどと連携するサービスやソフトウエアを扱う。

 具体的には,無料ホスティング,プロジェクト用Webページ,タスク/プロジェクト/バグ管理,コミュニケーション・フォーラム,WiKiやブログ,文書ダウンロード・サービス,電子メールによる通知機能,バージョン管理システムCVSを使ったSourceForgeとの連携,ソースコードの集中管理といった機能を提供する。

 将来は,サポート作業を効率化するソフトウエア「JBoss Network」の提供も予定している。JBoss Networkを使用すると,パッチ管理やアップデートを容易に行えるようになるという。

 JBoss Open Source Federationを開始するにあたり,米Funambol,米Unisys,オープンソース・プロジェクトのJasperReportsおよびXWikiが協力する。

 「JBoss Open Source Federationを立ち上げたことで,標準ベースのオープンなミドルウエアにかかわる作業を,直接活気づけ支援する」(JBoss社経営戦略&開発担当副社長のBob Bickel氏)

 またJBoss社は同日,Hibernateの新版「Hibernate 3.0」を発表した。JEMSの中核コンポーネントという位置付けのソフトウエアであり,アプリケーション・プラットフォームに依存せずスタンドアロン製品として利用可能。Lesser General Public License(LGPL)に基づき,同社のWebサイトで無償ダウンロード提供する。

◎関連記事
米JBoss,J2EEサポートで米Sunと関係拡大
「当社のJavaアプリ・サーバーはプロプライエタリ製品より支持されている」,米JBossが調査結果を引用
米JBoss,米Google,米Intelの3社,Javaの標準化組織JCPの執行委員に
米Unisys,企業向けLinux/J2EEシステム構築の推進でベンダー2社と協力
米HP,米JBoss製品向けサポート/サービスを強化
Microsoftと和解した今こそSunはJavaをオープンソースにするべきだ
「J2EEアプリ・サーバー市場は今後も活況,課題は複雑さ」,米社調査
「北米開発者の110万人以上がオープンソース・プロジェクトに関与」--米調査

[発表資料(JBoss Open Source Federation)]
[発表資料(JBoss Network)]
[発表資料(Hibernate 3.0)]