PR

 米America Online(AOL)傘下の米Netscape Communicationsが,Webブラウザ「Netscape Browser, 8.0」のベータ版を一般公開した。米Mozilla FoundationのオープンソースWebブラウザ「Firefox 1.0」をベースにしているという。Netscape社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 対応OSは,Windows XP/2000/98 SE/ME 。試用目的のベータ版であるため,動作中にクラッシュする恐れがあるほか,ユーザー名とパスワードを暗号化せず保存する場合があるという。

 そのほかの主な制限事項は以下の通り。

・タブ機能がうまく動作しないことがある

・ある種のJavaScriptエレメントが表示されないページがある

・クッキーの取り込みと拒否が正常に動作しないことがある

・ログイン用パスワード・フィールド以外に対して,フォーム自動入力機能が働かない

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Netscape 8.0はフィッシングなどのオンライン詐欺行為に対抗する機能を備えているという。

◎関連記事
「Mozilla,Firefox,Thunderbirdに新たに複数のセキュリティ・ホールを発見」,デンマーク
「IEのシェアが初めて9割以下に,ただしFirefoxのシェア拡大も減速傾向」,米調査
Firefox 1.0.1リリース,なりすましやコード実行を防ぐ修正,日本語版は3月上旬
米Mozilla Foundation,「Mozilla」「Firefox」などの開発状況を明らかに
「『Firefox』のダウンロード数が2500万件を突破」,米Mozilla Foundation
米AOLが新Webブラウザ「AOL Browser」のベータ版を公開,デスクトップ検索機能を搭載
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
IEの寡占状態を崩せるか,オープンソース軽量WebブラウザFirefox1.0が正式リリース

[Netscape 8.0ベータ版のリリース・ノート]