PR

 米Microsoftは,次期データベース・ソフトウエア「SQL Server 2005」の第3回コミュニティ技術プレビュー版(CTP:Community Technology Preview)を米国時間3月3日に発表した。開発者向けサイト「Microsoft Software Developer Network(MSDN)」購読者とベータ・プログラムの参加メンバー向けに提供する。また,「SQL Server 2000」の新しいレポート機能についても明らかにした。

 最新のCTPでは,レポート作成機能「Report Builder」を加えている。Enterprise Editionの新しいコンポーネントとなるReport Builderは,同社が前年4月に買収した米ActiveViewsの技術をベースとしている。

 その他にも,「Management Studio」のパフォーマンス強化,「Visual Studio 2005」との連携強化,SQL Server 2000からSQL Server 2005へのアップグレード・ツール,「Reporting Services」の64ビット対応などが盛り込まれている。

 SQL Server 2000の新機能としては,「SQL Server 2000 Reporting Services」のSecond Service Pack(SP2)のリリースが発表された。同SP2では,セキュリティと機能強化のほか,2種類の「SharePoint Web Parts」を提供する。ユーザーは,「Windows SharePoint Services」または「SharePoint Portal Server」を通じてレポート・サーバに置かれたレポートをで閲覧できるようになる。

 また,「Great Plains 8.0」と「Information Services(IIS)Logs」向けの「SQL Server Report Pack」が無償で提供される。よく使われるレポートのテンプレートにより,カスタマイズしたレポートの開発が容易にできるという。これ以外にも,「Axapta」「Office Project 2003」「Office SharePoint Portal Server 2003」向けReport Packのリリースも予定されているという。

 同社は,SQL Server 2005の3番目のベータ版を3月末までに一般公開する予定を明らかにした。前年末に予定されていた最終版は,同年夏にリリースされる予定となっている。

◎関連記事
米Microsoft,次期データベース「SQL Server 2005」の製品構成と価格を発表
米Microsoft,次期データベース・ソフト「SQL Server 2005」の第2回CTPをリリース
米マイクロソフト上級副社長、「SQL Server2005の狙いはユーザーのTCO削減」
米Microsoftが米ActiveViewsを買収,BIプラットフォームを拡張

発表資料へ