PR

 米Mozilla Foundationは,中国でソフトウエアの開発支援や普及促進を図る非営利団体「Mozilla China」を設立し,Webサイトを開設した。Mozilla Foundationが米国時間3月4日に明らかにしたもの。

 Mozilla Chinaは,中国科学院ソフトウエア研究所(ISCAS)と,米Sun Microsystemsの現地研究組織Sun Microsystems(China)Engineering and Research Institute(Sun ERI)が中心となって活動を進める。中国語版Webサイト運営,現地におけるソフトウエア開発の支援,ディスカッション・フォーラムの運営,プログラミングなどを行う。

 共同会長には,Sun ERIのLi Gong氏とISCASのMingshu Liが就任する。運営委員会は,両氏とMozilla Foundation会長のMitchell Baker氏で構成する。

◎関連記事
「IEのシェアが初めて9割以下に,ただしFirefoxのシェア拡大も減速傾向」,米調査
中国のLinux大手Red Flagがオープンソース推進団体OSDLに参加
米Red Hatが中国法人を設立,学生向け無料Linux講座や各種ソリューションを提供
オープン・ソースの「Mozilla」,普及促進で国内非営利法人を旗揚げ
「日本のソフト産業にもう学ぶものはない」、品質管理の専門家が苦言
「中国のネット・ユーザーは6800万人,市場競争と政府の取り組みが成長を後押し」,米調査
「中国ソフト開発者の65%が2003年にLinux向けアプリを手がける」,米エバンズ・データの調査
「中国のソフト開発市場,Windows向けが主流だがLinuxへの関心は北米以上」,米調査

[発表資料へ]