PR

 米SNOCAPは,ソニーとドイツBertelsmannの合弁会社Sony BMG Music Entertainmentに対して音楽配信サービス向け認証/著作権管理技術,データベース・サービスを提供する。両社が米国時間3月3日に明らかにしたもの。ただし,契約期間や金額など詳しい取引条件は発表していない。

 SNOCAP社は米Napster創設者のShawn Fanning氏が設立した企業。オンラン音楽配信と音楽データの著作権管理を行うためのエンド・ツー・エンド・ソリューションを手がけている。SNOCAP社の技術を利用することで,「著作権侵害を防ぎ,円滑に合法的なPtoPサービスを立ち上げられる」(Sony BMG社世界デジタル事業担当社長のThomas Hesse氏)。Sony BMG社は,既にSNOCAP社の技術/サービスによる音楽配信サービスを開始した。

 Sony BMG社と契約を結んだことで,SNOCAP社は「2大レーベルと提携し,市場シェアは約60%になった」(同社)としている。

◎関連記事
ソニー米国法人が有料音楽配信ストア「Connect」をオープン,楽曲はiTunesと同じ1曲99セント
「『iTunes Music Store』のダウンロード販売曲数が2億5000万曲を突破」,米Apple
「米国のオンライン音楽配信,有料サービスの利用が着実に増加」,米調査
「オンラインで音楽を購入した経験がある米国成人は12%」,米調査
欧州デジタル音楽市場は急成長,しかし依然CDが音楽販売の主流を占める
「デジタル音楽配信は困難を乗り越えて着実に成長,5500万人が利用」,アイルランド調査
iTunesになぜなれない? 顧客志向が必要な日本の音楽配信
「デジタル音楽サービスを利用する消費者が増加,違法ダウンロードは減少」

[発表資料へ]