PR

 米Oracleは米国時間3月7日に,スタンドアロンのビジネス・インテリジェンス(BI)スイート「Oracle Business Intelligence 10g」の正式リリースを発表した。アプリケーション開発,データ統合,管理などの業務における情報取得に必要なあらゆる機能を提供する。

 Oracle Business Intelligence 10gは,「Oracle Discoverer」「Oracle Spreadsheet Add-In」「Oracle Warehouse Builder」「Oracle BI Beans」から成る。各コンポーネントの主な特徴はは以下の通り。

・Oracle Discoverer:クエリー,レポートおよび分析機能を備える
・Oracle Spreadsheet Add-In:米Microsoftの「Excel」スプレッドシートから,直接Oracle社のOLAPシステムにアクセス可能にする
・Oracle Warehouse Builder:大規模データに対応した抽出,変換,書き出し機能を提供する
・Oracle BI Beans:カスタム化したBIアプリケーションの開発を可能にする

 Oracle Business Intelligence 10gには,アプリケーション・サーバー「Oracle Application Server 10g」の「Enterprise Edition」が含まれる。価格は1プロセサあたり2万ドル,あるいは,1指定ユーザーあたり400ドル。

◎関連記事
米Oracleが主要製品の最新版「10g Release 2」を発表,グリッド対応を強化
独SAP,中小企業向け業務用ソフト「SAP Business One」の新版を提供開始
米Unisysと米SAS,Linux用BIソリューション提供に向け提携
米Microsoft,「SQL Server 2000/2005」のBI機能やレポーティング機能を披露
ビジネス・インテリジェンス
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測
「世界における2005年のIT予算は2.5%増加」,米Gartnerの調査
「2005年における北米/欧州企業のIT投資は前年比3.9%増」,米調査

[発表資料へ]