PR

 米Microsoftが,「Microsoft Office System」ブランドの新しいリアルタイム・コラボレーション製品とサービスを米国時間3月8日に発表した。企業向け通信クライアント「Microsoft Office Communicator 2005」(開発コード名は「Istanbul」),企業向けインスタント・メッセージング(IM)サーバー「Microsoft Office Live Communications Server(LCS)2005」用の「Service Pack」,Webオンライン会議サービスの新版「Microsoft Office Live Meeting 2005」である。

 「これらのソリューションにより,コミュニケーションの省力化にソフトウエアの持つ力を活用できるようになる。プレゼンス機能を高め,高度に統合された安全性の高い信頼できる環境を提供する」(Microsoft社会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクトのBill Gates氏)

 各製品/サービスの概要は以下の通り。

・Communicator 2005:
 LCS 2005用の通信クライアント。プレゼンス機能を備え,インスタント・メッセージング(IM),音声,ビデオ,ビデオ会議,Web会議といったさまざまな通信を1つのアプリケーションで利用可能とする。パソコンと電話の統合も行う。「Outlook」「SharePoint」「Portal Server」「Live Meeting」など,ほかのOffice Systemアプリケーション/サービスとの連携機能も強化した。90日後に製造段階(RTM:Release To Manufacturing)に入る予定。価格およびライセンスについては,リリース時に改めて明らかにする。

・LCS 2005 Service Pack:
 複数の組織間で同一の暗号化/認証/管理環境を構築し,ファイアウオールを越えてIMを利用したりプレゼンス情報を共有したりできるリアルタイム通信プラットフォーム。MSN,AOL,Yahoo!といった公衆IMネットワークと連携するための機能「Public Instant-Messaging Connectivity(PIC)」も提供する。IM経由で送られてくるスパム(spim)を防ぐ機能を新たに設ける。4月に利用可能とする予定。現行LCS 2005ユーザーは,同社のWebサイトMicrosoft Download Centerから無償でダウンロードできる。PICのライセンスは4月1日に提供を開始する。

・Live Meeting 2005:
 Officeアプリケーションから利用可能なオンライン会議サービス。新たに中国語(繁体字,簡体字),フランス語,ドイツ語,日本語,韓国語,スペイン語に対応し,英語と合わせ8カ国版を用意する。3月11日より利用可能とする。

◎関連記事
米Microsoft,米AOL,米Yahoo!が最大規模のIMネットワーク構築を目指し提携
米AOLが「Outlook」を介したAIMサービスなど,AIM統合に関して数社と提携
「ユーザーをIM/P2Pのセキュリティ脅威から守る」,米IMlogicが米McAfee/米AOL/米Microsoft/米Yahoo!と連携
「2005年第1~6週のIMワーム,前年同時期と比べ3倍以上増加」,米調査
「従業員の57%が職場でIMを私的利用」,米META Groupの調査
「職場やモバイルでのIM利用が増加」,米AOL調査
「2004年の企業IMユーザー数は3.62億人,2008年には6.7億人に」,米調査
「企業の36%は社内のIM利用を禁止,セキュリティ侵害や法規違反を懸念」,米調査

[発表資料(概要)]
[発表資料(Communicator 2005、LCS 2005)]
[発表資料(Live Meeting 2005)]