PR

 米PalmSourceは米国時間3月8日に,デジタル家電機器向けLinuxの業界団体「Consumer Electronics Linux Forum(CELF)」に加盟したことを明らかにした。

  CELFは,日立製作所,松下電器産業,NEC,オランダRoyal Philips Electronics,韓国Samsung Electronics,シャープ,ソニー,東芝が2003年6月24日に設立した団体。家電機器用におけるLinuxプラットフォームの普及促進と強化を目的とする。現在,50社以上が参加している。

 PalmSource社首席科学者のJohn Ostrem氏は,「CELFに加盟し,他の業界リーダーやオープンソース・コミュニティと協力して,Linux関連製品の開発に取り組めることを喜ばしく思う」と述べた。同社は携帯電話向けソフトウエアを手掛ける中国のChina MobileSoft(CMS)を買収しており,「当社のLinuxに関するノウハウも生かして,Linux対応携帯電話ソフトウエアの開発を進め,CELFに大きく貢献できると確信している」(同氏)。

◎関連記事
米PalmSourceが中国の携帯電話ソフト会社を買収,Palm OSのLinux版開発へ
米PalmSource,スマートフォン市場を狙い最新OS「Palm OS Cobalt 6.1」など発表
米PalmSourceと米TI,「Palm OS Cobalt」のスマートフォン参照デザインを発表
米MontaVista,Linux携帯電話機の開発を支援する取り組み「Mobilinux」を発表
Linux/Javaベースの携帯電話機向けソフト基盤を提供,米MontaVistaとスイスEsmertecが提携
米MontaVistaとNECが組み込み型Linuxで戦略的提携
Linux/Javaベースの携帯電話機向けソフト基盤を提供,米MontaVistaとスイスEsmertecが提携
「2010年まで『Symbian OS』がスマートフォン市場をリード」,米ABIの調査

[発表資料へ]