PR

 米Oracleは,米Retekの株式の公開買付(TOB)を行うことを米国時間3月8日に発表した。Retek社は小売業界向けソフトウエア開発を手がけるベンダーで,ドイツのSAPが同社を買収する計画を2月28日に明らかにしている。

 Oracle社は,3月7日と8日に,Retek社の全発行済み株式の約10%にあたる550万株を購入済みだという。公開買付は3月9日に開始し,1株あたりの買付金額は9ドル。

 Oracle社によると,Oracle社とRetek社は1986年からパートナ関係にあり,2004年10月に合併交渉を始めた。「Retek社のほとんどのアプリケーションは,当社の技術プラットフォームを基盤に,当社の開発ツールを利用して構築したものだ。Retek社の顧客の約80%が当社のインフラ・ソフトウエアを導入している。Oracle社とRetek社は,Javaなどの業界標準規格に関するビジョンを共有している」(Oracle社)

 Oracle社CEOのLarry Ellison氏は,「当社の北米アプリケーション事業はSAP社のそれよりも大きい。当社はナンバー1の地位を守るつもりだ」と述べた。

 ちなみに,SAP社が提示しているRetek社株式の公開買付金額は1株あたり8.50ドル(買収総額は約4億9600万ドル)。SAP社は北米子会社とRetek社を合併させる計画で,Retek社の役員会も承認済みである。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,SAP社が買収合意を明らかにする前は,Retek社の株価は6ドルだったが,Oracle社が公開買付を発表する前に8ドル59セントで8日の取引を終えている。

◎関連記事
独SAP,小売業界向けソフト・スイートの米Retekを約4億9600万ドルで買収へ
米Oracleが買付金額を1株あたり2.5ドル上積みで,米PeopleSoftが合併を承認
米Oracle,米PeopleSoft統合にともなう製品ロードマップを明らかに
オラクルはなぜピープルソフトを買うのか
独SAP,ソフトやサービスをパッケージとして米国でも提供開始
独SAPと米IBM,小売業界向けのソリューションで提携拡大
米Microsoft,米PeopleSoft製品からの移行を促進するディスカウント・プログラムを発表
「小売り販売業界における次世代技術導入をISVや周辺機器ベンダーが支援」,米Microsoft

[発表資料へ]