PR

 米Hewlett-Packard(HP)は,米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)からデータ・センター用サーバー/ストレージ機器の管理契約を獲得した。HP社が米国時間3月9日に明らかにしたもの。米国各地にあるAOL社のデータ・センターにおいて,HP社および他ベンダーのサーバー/ストレージ機器をメンテナンスする。契約期間は3年間だが,金額など詳しい取引条件は伝えていない。

 両社は既存の1年契約を延長したうえで,HP社以外の製品もサポートの対象とした。「柔軟性のある料金体系とすることで,AOL社は必要性の変化に応じてサービス内容を調整でき,サポート経費に及ぼす影響を予測できる」(HP社)

 HP社は,同社製サーバー9000台とワークステーションを含め,合計1万5000台以上のサーバーを管理することになる。

◎関連記事
HP、パソコン事業見直しの公算大
米HPの役員会,CEO探しを米Russell Reynolds Associatesに依頼
米HPの2004年11~2005年1月期決算,売上高は前年比10%だが純利益は微増
米HP会長兼CEOのFiorina氏が辞任,「戦略の実行方針で役員会と対立」
米HP,ITサービス・プロバイダの英Synstarを約2億9330万ドルで買収
「2004年の世界ITサービス市場は6.7%増収,ただし実質は2.2%成長」,米調査
「2004年Q3のサポート企業顧客満足度,米Dellが米HPと米IBMを抜いて首位に」,米調査
世界ITサービス市場は2008年まで年平均6.9%で成長,「買収による整理統合が続く」

[発表資料へ]