PR

 米Apple Computerは,次世代光ディスク関連の業界団体Blu-ray Disc Association(BDA)に役員会メンバーとして参加する。BDAが米国時間3月10日に明らかにしたもの。

 Blu-ray Discは,波長405nmの青紫レーザーを用いる大容量光ディスク・フォーマットで,片面単層ディスクに最大25Gバイト,片面2層ディスクに最大50Gバイトのデータを記録できる。

 Apple社の参加により,BDAの役員会企業はApple社,米Dell,米Hewlett-Packard(HP),日立製作所,韓国LG Electronics,松下電器産業とその米国法人Matsushita Electric Corporation of America,パイオニア,オランダRoyal Philips Electronics,韓国Samsung Electronics,シャープ,ソニー,TDK,フランスThomson,米Twentieth Century Fox,米Walt Disney Pictures and Televisionの16社となる。また,メンバー企業数は100社以上という。

 「Apple社は,以前から画期的なDVD用ハードウエア/ソフトウエア技術を手がけている。同社のBlu-ray Disc規格支持は,技術革新を継続させる方針の表れだ」(HP社光ストレージ・ソリューション事業ジェネラル・マネージャのMaureen Weber氏。同氏はBDAの主任広報担当者を務める)

 なお競合規格には,家電メーカー,IT企業,コンテンツ企業など230社以上が参加する業界団体DVD Forumが策定を進めるHD DVDがある。高度なコンテンツ・アクセス機能やコンテンツ保護機能を備え,30Gバイト容量の片面2層HD DVD ROMディスクに8時間の高精細映画コンテンツを記録できるという。現行のDVDとの互換性もある。

◎関連記事
米HPの新デジタル・エンタテインメント戦略,新製品や松下とのDVDフォーマット連携などを発表
Blu-ray支持派の仏Thomson,競合規格HD DVDもサポートへ
米Disney,次世代光ディスク規格「Blu-ray Disc」への支持を表明
ソニーと独SINGULUS,読み出し専用Blu-ray Discの複製量産装置を共同開発へ
「米大手映画会社4社が次世代DVD規格『HD DVD』を支持」,東芝が発表
シャープがハードディスクとDVDも搭載したBlu-ray Discレコーダを発表
2005年にHD DVDプレーヤとコンテンツが両方登場
米HPと米Dell,次世代光ディスクの標準団体「Blu-ray Disc Founders」に正式加盟

[発表資料へ]