PR

 オンライン出版の業界団体Online Publishers Association(OPA)は,2004年における米国消費者のオンライン・コンテンツ購入について,米comScore Networksと共同で調査した結果を米国時間3月10日に発表した。それによると,2004年の購入総額は約18億ドルで,前年と比べて14%増加した。

 カテゴリ別にみると,最も支出の多かったのは「個人広告/出会い系」で,前年比4%増の4億6950万ドルとなり過去最高を記録した。ただし,最も急速に成長したのは「エンターテインメント/ライフスタイル」で,前年比90%増の4億1350万ドル。そのほか,「スポーツ」(5280万ドル)が前年比38%増,「ゲーム」(8880万ドル)が同22%増で,それぞれ2ケタ成長を示した。一方,「事業/投資」は前年比6%減の3億1290万ドルとなり,「エンターテインメント/ライフスタイル」に2位の座を奪われた。

 「『エンターテインメント/ライフスタイル』『スポーツ』『ゲーム』などの急成長は,米国消費者にとってインターネットが真のエンターテインメント・メディアになりつつあることを示している」(OPA会長のMichael Zimbalist氏)

■2004年における米国消費者のカテゴリ別オンライン・コンテンツ支出
(単位:100万ドル)

----------------------------------------------------------------------
                                     2003年         2004年      増減率
----------------------------------------------------------------------
個人広告/出会い系                   $449.5        $469.5      4.4%
----------------------------------------------------------------------
エンターテインメント
        /ライフスタイル             $217.6        $413.5      90.0%
----------------------------------------------------------------------
事業/投資                           $334.1        $312.9      -6.3%
----------------------------------------------------------------------
リサーチ                             $108.6        $115.1       6.0%
----------------------------------------------------------------------
自己改善                             $90.7          $96.5       6.5%
----------------------------------------------------------------------
ゲーム                                $73.0         $88.8      21.8%
----------------------------------------------------------------------
一般ニュース                          $87.5         $87.9        .4%
----------------------------------------------------------------------
コミュニティのイエロー・ページ        $87.0         $70.5     -18.9%
----------------------------------------------------------------------
グリーティング・カード                $40.6         $43.4       6.8%
----------------------------------------------------------------------
スポーツ                              $38.2         $52.8      38.0%
----------------------------------------------------------------------
クレジット決済情報                    $36.6         $27.1     -26.0%
----------------------------------------------------------------------
出典:OPA/comScore社

 「エンターテインメント/ライフスタイル」の高成長には,有料音楽配信の発展という背景があるが,有料音楽配信は会員制から単品購入に移行しつつある。2004年のオンライン・コンテンツ販売の15%を単品購入が占めており,前年の11%と比べて増加している。

 2004年第4四半期にオンライン・コンテンツを購入した米国消費者は1900万人で,前年同期と比べて260万人増加した。米国では,有料コンテンツ消費者の増加率がインターネット利用者のそれを上回っている。当期における有料コンテンツ消費者の割合は過去最大の11.6%となったが,平均支出はほぼ平坦に推移しているという。

◎関連記事
「2003年の消費者によるオンライン・コンテンツ支出,前年比18.8%増の約16億ドル」,米調査
「米国のオンライン音楽配信,有料サービスの利用が着実に増加」,米調査
「2004年12月のオンライン・ショッピング,69%がブロードバンド利用」,米調査
「2004年ホリデー・シーズンのオンライン支出が予測を超える,通年では1170億ドル」,米調査
「2004年ホリデー・シーズン,オンライン支出は前年比25%増」,米調査
「携帯電話決済」がけん引する韓国の有料コンテンツ市場
米Linksysと米Intel,有料ビデオ・コンテンツを家庭内配信するためのアダプタを発表
「米国の携帯電話向け画像コンテンツ市場,2008年には11億ドル規模に」,米IDCの調査

[発表資料へ]