PR

 米Mozilla Foundationは,Webブラウザや電子メール・クライアントなどの機能を持つソフトウエア・スイート「Mozilla Application Suite」(別名は「Seamonkey」)について,現行のバージョン「1.7.x」で開発作業をいったん打ち切る。Mozilla Foundationが米国時間3月10日に明らかにしたもの。Mozilla Application Suiteは1.7.xが最終バージョンとなり,今後はメンテナンスと小規模なアップデートのみを行う。

 現在の最新版は,2004年12月に提供を開始したバージョン「1.7.5」。バージョン「1.8」のアルファ版を2005年1月に公開したが,正式版はリリースしない。ただしMozilla Foundationは,「おそらく別名称のプロジェクトとして,何らかの形でMozilla Application Suiteの開発を続けることになるだろう」としている。現在,計画の詳細を詰めており,数日中に発表できるという。

 Mozilla Foundation会長のMitchell Baker氏は,開発移行計画の背景をブログに掲載した。またMozilla FoundationのAsa Dotzler氏も,移行計画に対する考えをブログで公開している。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Mozilla Application Suiteの最終版は数週間後にリリースする予定のバージョン「1.7.6」になるという。

◎関連記事
米Mozilla Foundation,Webブラウザ「Mozilla 1.8」の最終アルファ版を公開
米Mozilla Foundation,Webブラウザの新版「Mozilla 1.7.5」を公開
「IEのシェアが初めて9割以下に,ただしFirefoxのシェア拡大も減速傾向」,米調査
Firefox 1.0.1リリース,なりすましやコード実行を防ぐ修正,日本語版は3月上旬
米Mozilla Foundation,「Mozilla」「Firefox」などの開発状況を明らかに
米Mozilla Foundation,「Firefox 1.1」最終版リリースを3カ月遅らせ6月に
「Firefoxのダウンロード件数が2000万を突破」,米Mozilla Foundationが発表
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦

[Mozilla Foundationの資料へ]