PR

 米MicrosoftのBusiness Solutions事業部門は米国時間3月14日,同社の財務ソフト「Great Plains 8.0」の機能強化を発表した。「新たに提供する拡張モジュールによって,各業界のニーズにこまやかに対応できるようにしたほか,柔軟性を向上し,新しいビジネス分析ツールを追加した」(同社)

 同社は,「Great Plains 8.0 Professional Edition」に米Professional Advantageから買収したビジネス分析ツール「Analysis Cubes for Excel」を追加する。同ツールはOLAPキューブを使って,ビジネスに重要なデータをさまざまな角度から詳細に分析できるという。

 また,「Business Solutions Business Portal」向けに主要業績指標(KPI:Key Performance Indicators)を提供するほか,米国企業改革法(Sarbanes-Oxley Act)への準拠を支援する「Office Solution Accelerator for Sarbanes-Oxley」に対応させる。

 さらに,レポート作成ソフトウエア「SQL Server 2000 Reporting Services Report Pack」へのサポートを提供する。「8つのテンプレートによって,販売,購入,製造など,さまざまな用途に向けた分析レポートの作成を支援する」(同社)

 特定業界向け機能としては,非営利団体や公共セクターによる助成金管理を簡易化する「Grant Management」モジュールを提供する。予算を管理する「Budgeting」機能を提供するほか,「Analytical Accounting」モジュールと統合する。

 他には,企業がビジネス手法に合わせてビジネス・アプリケーションを修正できる「Extender」モジュールを提供する。ユーザー定義のフィールドや詳細なコメントを容易に追加できるほか,必要な情報を正確に追跡して,ビジネスを効率的に行えるという。

◎関連記事
米Microsoft,次世代開発プロジェクトなどビジネス・アプリケーション戦略を明らかに 
米Microsoft,次期データベース・ソフト「SQL Server 2005」の第3回CTPを公開
米Microsoft,米PeopleSoft製品からの移行を促進するディスカウント・プログラムを発表 
米Microsoft,中堅企業向け財務管理ソフト「Great Plains 8.0」をリリースへ
米Microsoft,中小企業向けERPソフトの新版「Solomon 6.0」を発表
マイクロソフト,「ビジネス・ソリューション事業の日本進出は時間をかけて検討する」
米MicrosoftがERP製品ラインを拡充,6月より順次新版をリリース
米Microsoft,小企業向けポータル・サイト「bCentral」を「Small Business Center」に移行

[発表資料へ]