PR

 カナダのResearch In Motion(RIM)は,モバイル向けインスタント・メッセージング(IM)に関して米Yahoo!および米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)とそれぞれ提携を結んだ。3社がカナダと米国で現地時間3月14日に発表したもの。RIM社の携帯端末「BlackBerry」で,両社のIMサービスを利用可能にする。

 RIM社は数カ月以内に,「Yahoo! Messenger」のクライアント・ソフトウエアをBlackBerryにプリインストールして出荷する。ユーザーは,友人がオンライン上にいるか確認して,インスタント・メッセージを送受信したり,複数で同時にやりとりすることが可能。

 BlackBerryでは現在,Yahoo!社の携帯向けサービス「Yahoo! Mobile Internet」が利用できる。将来的にはインターネット・メール・サービス「Yahoo! Mail」へのアクセスも可能にする計画である。

 AOL社との提携では,BlackBerryを「AOL Instant Messenger(AIM)」と「ICQ」に対応させる。BlackBerryからAIMの「Buddy List」機能やICQのコンタクト・リストに簡単にアクセスし,相手がオンラインに接続しているか確認して,チャットを行える。また,インターネット・メール・サービス「AOL Mail」の加入ユーザーは,BlackBerryで同サービスを利用できる。

◎関連記事
カナダRIM,「BlackBerry」向けJava開発ツールと「Exchange」「Domino」対応サーバー・ソフトをリリース
米Nextelと加RIM,Bluetooth技術対応のBlackBerry新機種を発表
米AOLが「Outlook」を介したAIMサービスなど,AIM統合に関して数社と提携
米AOL,企業IMユーザー向けのオンライン会議サービス「AIM Business Services」を発表
「職場やモバイルでのIM利用が増加」,米AOL調査 
米Microsoft,米AOL,米Yahoo!が最大規模のIMネットワーク構築を目指し提携
米AT&T Wireless,音声非対応のモバイル・メッセージング・デバイス「Ogo」を発表
「IMのセキュリティ脅威,2005年は毎月50%のペースで増加中」,米調査

[発表資料(Yahoo!社のプレス・リリース)]
[発表資料(AOL社のプレス・リリース)]