PR

 ドイツのSAP AGは,米Virsa Systemsの法規準拠および企業統治を支援するソフトウエア「Compliance Calibrator」を再販する。SAP社とVirsa Systemsが米国時間3月15日に明らかにしたもの。米国企業改革法(Sarbanes-Oxley Act)への準拠を効率的に管理できるように,同ソフトウエアを「mySAP ERP」など,mySAPソリューションのアドオンとして提供するという。

 企業は,Compliance Calibratorによってテスト・サイクルを短縮できるほか,不適切な業務分担の回避など,ビジネス・リスクの特定と管理を行える。また同ソフトウエアは,mySAP ERPにおける監査プロセスの合理化,社内規制を編成/検査/文書化するためのシステム構築,ビジネス・プロセスのリスクや欠陥の監視といった,企業統治と法規準拠に関する機能を補完する。

 SAP社は,Compliance Calibratorを「SAP Compliance Calibrator by Virsa Systems」ブランドとして,今月より販売する予定。

 SAP社取締役会役員のLeo Apotheker氏は,「法規準拠を効率的に行うことは,ベスト・プラクティスの実現と業務の効率化にも貢献するため,企業の優先課題の1つ」と説明する。「mySAP ERPとCompliance Calibratorによって,企業改革法への準拠を支援する業界で最も包括的なツールの提供を目指す」(同氏)

◎関連記事
米EMC,法律などで義務付けられた電子メール保存の支援機能を発表
米Sunと米AXS-One,電子記録向け法規制順守のソリューション提供へ
米Microsoft,米企業改革法への準拠を支援するOffice System用アドオンを発表
「米国企業改革法でCIOのプレッシャーが高まった」,米コンピュウェアのバイスプレジデント
米国企業改革法が招くIT現場の混乱(前編)
米国企業改革法がストレージに変革を促す
「多国籍企業の51%が,コンプライアンス関連支出を今後2年間で23%拡大」,米PwCの調査
日立の米国法人/米HP/米Sun/米Oracle/米VERITASなど,企業の電子情報法規準拠を支援するWGを設立

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]