PR

 DSLに関する国際的な業界団体DSL Forumはドイツで現地時間3月15日に,世界のDSL導入状況に関する調査結果を,ハノーバーで開催されている「CeBIT 2005」で発表した。それによると,世界におけるDSLユーザー数は2005年2月に1億人を突破したという。2004年末の世界ユーザーは9600万人以上で,60%近い成長を遂げた。

 北米をみると,2004年第4四半期における米国のDSLユーザーは1373万人となり,前年同期と比べて430万人増加した。カナダは同45万人増の265万人。中南米の合計ユーザーは同173万人増の合計339万人で,半数以上をブラジルが占めている。

■北米・中南米における国別のDSLユーザー数
------------------------------------------------------
国                 2003年Q4       2004年Q4
----------------------- --------------- --------------
アルゼンチン                   114,000        310,000
----------------------- --------------- --------------
ブラジル                     1,013,000      1,900,000
----------------------- --------------- --------------
チリ                           200,000        260,000
----------------------- --------------- --------------
メキシコ                       180,000        560,000
----------------------- --------------- --------------
その他                         155,000        360,000
----------------------- --------------- --------------
中南米の合計                 1,662,000      3,390,000
----------------------- --------------- --------------
カナダ                       2,200,000      2,650,000
----------------------- --------------- --------------
米国                         9,400,000     13,730,000
----------------------- --------------- --------------
北米の合計                  11,600,000     16,400,000
------------------------------------------------------
出典:DSL Forum

 米国以外の地域でもDSLユーザーは大幅に増加している。トルコは前年と比べ725%増加した。チェコ共和国は589%増,アイルランドが351%増加した。メキシコ,マレーシア,ニュージーランド,リトアニアの伸び率は,それぞれ100%以上となった。

 世界で最もDSLユーザーが多い中国では,2004年のユーザー数が前年に比べて850万人以上増加した。欧州連合(EU)では,フランスが前年比325万人増,英国が同280万人増,イタリアが同173万人増,ドイツが同140万人増だった。

◎関連記事
日本のxDSLユーザー数は世界2位,普及率では第5位
「高速インターネット接続サービス,2004年は前年比30.5%増の170億ドル規模に」,米調査
米Qwest,DSL加入者向けにWi-Fi対応モデムの提供を開始
「米国における2003年の高速インターネット回線数は前年比42%増の2820万回線」,米調査
「高速インターネット接続サービス,2004年は前年比30.5%増の170億ドル規模に」,米調査
「2003年の米通信業界は前年比4.7%成長,2007年には1兆ドル規模に」,米調査
「米家庭の51%がブロードバンド接続に,初めてナローバンドを上回る」,米調査
「2004年Q3の米国ブロードバンド市場,新規加入者は過去最高の233万人」,米調査

[発表資料へ(PDF形式)]