PR

 米Novellと米IBMは米国時間3月16日に,Linuxシステムの普及促進で協力体制を敷くことを明らかにした。IBM社のサーバー「eServer」とNovell社のOS「SUSE LINUX」を組み合わせたシステム向けのアプリケーション開発および検証を行う独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)を支援する。

 ISVは,IBM社が北米,欧州,アジアに所有する9カ所の開発センター「Innovation Center」で,技術リソースやハンズオン・ツールを利用し,IBM社製ハードウエアおよびソフトウエアとSUSE LINUXから成るシステム向けに開発したアプリケーションを検証することが可能。

 「ISVは,コストを抑えながら,新たなアプリケーションをより迅速にSUSE LINUXに移植できる。この結果,Linuxアプリケーションを導入している顧客にとって技術インフラの選択肢が増える」(両社)

 Novell社は,企業向けOS「SUSE LINUX Enterprise Server」のコピーとサポート・マニュアルをISVに供与する。一方IBM社は,コンサルティング・サポートと技術的ノウハウを提供する。カリフォルニア州サンマテオ,マサチューセッツ州ウオルサム,イリノイ州シカゴ,英国ハースレー,フランスのパリ,ドイツのシュツットガルト,インドのバンガロール,中国の上海,オーストラリアのシドニーにあるInnovation Centerを利用する。

 「Linuxの勢いは日に日に増している。これまで,6000種類のLinuxアプリケーションがIBM社製プラットフォームで開発され,そのうち2000種類はISVの手によるものだ。当社は,今後2年でこの数を2倍に拡大したいと考えている」(IBM社ISV and Developer Relations部門ジェネラル・マネージャのBuell Duncan氏)

◎関連記事
米IBM,Linux普及を狙いWindowsからの移行支援などパートナ支援制度を強化
米IBMがLinux対応強化に1億ドル投資,コラボレーション技術「Workplace」で
米Novellが大規模Linuxシステム向け戦略を発表,オープンソースのグループウエア「Hula」など開発へ
米Novell,カーネル2.6ベースの「SUSE LINUX Professional 9.3」を4月に出荷
米Red Hat,ついにカーネル2.6を採用した「Red Hat Enterprise Linux 4」を出荷
「2008年のLinux関連市場は357億ドル規模」,OSDLが米調査を引用
「2008年には世界サーバー出荷台数の約26%がLinuxを搭載」,米IDCの調査
「Linuxへの移行を望む企業はまだ少数」,米Yankee Group

[発表資料へ]