PR

 米Akamai Technologiesとコンテンツ配信サービスの米Speedera Networksは,Akamai社によるSpeedera社の買収について最終合意に達した。両社が米国時間3月16日に明らかにしたもの。買収は株式交換で行い,約1億3000万ドル相当の取引になるという。手続きは2005年第2四半期に完了する見込み。

 Akamai社は約1200万株の普通株を発行し,Speedera社とインドに拠点を置く100%子会社の発行済み普通株,優先株,確定/未確定ストック・オプションをすべて取得する。

 「Speedera社の買収により,Akamai社はより規模の大きなマネージド・サービス・ベンダーに対抗できるようになる。顧客に対しては,提供するサービスの幅を広げられる」(両社)としている。

◎関連記事
米Akamaiと米Macromedia,Flashビデオのオンデマンド・ソリューションを発表
米Akamaiの2004年Q4決算,売上高が前期比8%増の5760万ドルで過去最高
米Macromediaと米Speedera,Flashビデオの配信サービスで協力
米Speederaとソフトバンク・ブロードメディア,日本市場向けのコンテンツ配信サービスで提携
「2003年の消費者によるオンライン・コンテンツ支出,前年比18.8%増の約16億ドル」,米調査
「デジタル音楽サービスを利用する消費者が増加,違法ダウンロードは減少」
「メディア・ストリーミング・プラットフォーム市場は今後大幅に成長する見込み」,米調査
「2003年のコンテンツ配信サービス市場は前年比約20%成長の見込み」,米調査

[発表資料へ]