PR

 米Googleは米国時間3月17日に,同社のオープンソース・ソフトウエアやAPI,ツールに関する情報提供サイト「Google Code」を開設した。Google社が同日明らかにしたもの。

 開発者向けのツールを提供するほか,同社の検索機能などを利用するための各種APIへのリンクを設ける。

 同社が運営しているオープンソース・プロジェクトについては,オープンソース・コミュニティSourceForge.netへのリンクを紹介する。各プロジェクトの概要は以下の通り。

perftools
 マルチ・スレッド化したC++のプログラムを調整/デバッグするためのライブラリとツール。メモリー確保,ヒープ検査,プロファイリングなどが行える

coredumper
 マルチ・スレッド化したプログラムからGDB(GNU Projectの提供しているデバッガ)用のコア・ダンプを生成するツール

sparsehashtable
 C++で利用可能な各種ハッシュ・テーブル

goopy/functional
 インタプリタ言語Pythonで関数型プログラミングを利用可能とするライブラリ

 さらに,同社に関係するソフトウエア・プロジェクトを「Featured Project」と呼ぶコーナーに掲載する。プロジェクトの掲載希望は電子メールで受け付ける。プロジェクトの管理者には「昔から大人気の素晴らしいTシャツを,感謝の印としてプレゼントする」(同社)

◎関連記事
GoogleがWindows NTのアーキテクトを引き抜く
米Microsoftが有料広告検索サービス「MSN adCenter」をデモ,6カ月以内に試験運用開始
10周年を迎えた米Yahoo!が次の10年に目指すもの
「Googleユーザーの6割近くがYahoo!やMSNの検索エンジンを併用」,米調査
米Yahoo!,検索サービスのAPIを開発者に公開するリソース・ポータルを公開
打倒米Googleなるか? 米Yahoo!が新検索ツール「Y!Q」ベータ版提供
「検索エンジンで最も人気が高いのは『Google』,しかし広告効果は低い」,米調査
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査

[発表資料(Google Code開設の案内)]
[発表資料(Google Codeサイト)]