PR

 多数の消費者向けWebサイトを運営する米InterActiveCorp(IAC)が,18億5000万ドルで米Ask Jeevesを買収する。両社は合意書に署名したことを,米国時間3月21日に発表した。取引は2005年第2四半期末あるいは第3四半期初頭に完了する予定。

 IAC会長兼CEOのBarry Diller氏は,「多くの検索エンジンが生まれた中で,Ask Jeeves社は地位を確立した数少ない検索エンジンの一つだ。将来のインターネットとその先の無線環境やあらゆるデバイスにおいて偉大なブランドになると信じている」と述べた。

 IACは,旅行,小売り,チケット,金融サービス,不動産などの消費者向け専門サイトを40以上運営している。ユニーク・ビジター数は月平均4400万人にのぼり,数十億ドルの売買が行われている。一方Ask Jeeves社の検索サービスのユニーク・ビジター数は月平均約4200万人。

 Ask Jeeves社はブランド名を維持したまま事業を継続する。現CEOのSteve Berkowitz氏が引き続き指揮をとる。IACは,ブランド管理およびマーケティングの面でAsk Jeeves社の事業を支え,配信,研究開発,技術およびインフラ,海外市場の開拓などに投資する。IACが抱えるWebサイト・ブランドおよびサービスとAsk Jeeves社の所有サイトを垂直的に統合する。Ask Jeeves社の地域検索を拡充し,IACの所有サイトにおける地域販売の活性化を図る。

 ちなみに米Merrill Lynchの調査によると,2004年の米国オンライン広告支出は前年比13%増の100億ドル弱で,広告支出総額2600億ドルのうち4%を占めた。オンライン広告支出の36%を占める検索広告は,今後5年間に24%成長する見込みという。

◎関連記事
米Ask Jeeves,デスクトップ検索アプリケーション「Ask Jeeves Desktop Search」のベータ版を発表
米Ask Jeeves,検索エンジンにパーソナライズ機能などを追加
米Googleがデスクトップ検索アプリの正式版を公開,PDF/音楽ファイル/削除済み文書も対象に
打倒米Googleなるか? 米Yahoo!が新検索ツール「Y!Q」ベータ版提供
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
「北米と欧州の検索エンジン利用,米国以外でGoogle人気が顕著」,米調査
「検索エンジンで最も人気が高いのは『Google』,しかし広告効果は低い」,米調査
「Googleユーザーの6割近くがYahoo!やMSNの検索エンジンを併用」,米調査

[発表資料へ]