PR

 英Symbianは,携帯電話用OS「Symbian OS」のデータ同期に関して,米Microsoftから「Exchange Server ActiveSync」プロトコルのライセンスを取得したことを,英国時間3月22日に発表した。金額などの条件については明らかにしていない。

 Symbian社は,Symbian OSのメッセージング・アーキテクチャ向けにExchange Server ActiveSync対応プラグインを開発する。携帯電話メーカーは,Symbian OS搭載電話機に,Microsoft社の「Exchange Server 2003」でサポートする電子メール,カレンダ,コンタクト情報といった個人情報管理(PIM)アプリケーションとのOTA同期機能(パソコンを介さずに直接同期する機能)を組み込むことが可能になる。

 Symbian社が開発するプラグインは,配布に関するMicrosoft社の合意を得てから,すべてのSymbian OSライセンシに提供する。

 Symbian社Marketing部門執行バイス・プレジデントのMarit Doving氏は,「2004年は,200社以上のネットワーク事業者に,1400万台以上のSymbian OS搭載携帯電話機を出荷した。Symbian OS向けのExchange Server ActiveSyncプラグインを開発することにより,PIMアプリケーションの選択肢の幅が広がり,Symbian OSライセンシは企業市場のニーズに対応することができる」と述べた。

 なお,Symbian OSはすでにカナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry Connect」,モバイル通信の業界団体Open Mobile Alliance(OMA)の「Data Synchronization」プロトコルをサポートしている。

◎関連記事
「2010年まで『Symbian OS』がスマートフォン市場をリード」,米ABIの調査
米palmOne,米Microsoftから電子メール同期化ツールのライセンス供与を受ける
カナダRIM,「BlackBerry」向けJava開発ツールと「Exchange」「Domino」対応サーバー・ソフトをリリース
加RIM,同期技術の米Intellisyncと複数年のライセンス契約を更新
「2004年の世界携帯電話機出荷台数は前年比27%増,2005年は7%増の見込み」,米調査
「2004年Q4の世界携帯電話出荷台数は前年同期比24%増,Nokiaが首位を維持」,米調査
「携帯電話ユーザーの満足度が向上,機能性とデザインの評価が高まる」,米調査
米Intel,フィンランドNokia,英Symbianがスマートフォン開発支援で提携

[発表資料へ]