PR

 米IBMが,アンチ・スパム・ソフトウエア「Fair use of Unsolicited Commercial Email(FairUCE)」を米国時間3月22日に発表した。現在ドイツを除く世界各地で利用可能となっている。IBM社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 FairUCEは同社が開発したソフトウエアで,電子メール送信元のIPアドレスを解析してスパムのフィルタリングを行う。送信元コンピュータのIPアドレスは変化しないので,送信元がゾンビやボットなどの不正なコンピュータなのか,それとも正当な電子メール・サーバーなのかを判定すれば,電子メールの正当性を確かめられるという。

 「現在のスパム・フィルタは,電子メールがネットワークに届いてから1つ1つ内容をスキャンしてスパムかどうかを判断する。そのため,ITシステムにかかる負荷が重く,多くのネットワーク帯域幅を消費してしまう。FairUCEは,ネットワークに影響が及ぶ前にスパム判定を行える」(同社)

 対応OSはLinux。Java 1.4以上とPostfix 2.1以上の環境が必要。

 米メディアの報道(TechWeb)によると,IBM社研究者でFairUCEを開発したMathew Nelson氏は「FairUCEがスパムの約8割にあたるゾンビからの電子メールをすべて正しく判定できた」と述べたという。

◎関連記事
「不愉快な電子メールを受信/転送した経験のある社員は半数以上」,英調査
「米国のモバイル・スパム,携帯電話テキスト・メッセージの43%を占める」,米調査
欧州25カ国とアジア13カ国がスパム撲滅に向けて団結
「メール・リレーのスパムが増加,2006年半ばにはメールの95%がスパムに」,英調査
皮肉にも,米国のスパム対策法がスパム増加の原因に
「小企業で社員1人が受信するスパム・メールは大企業の約10倍」,米調査より
「施行から1年,CAN-SPAM法に準拠していないメールは平均97%」,米調査
スパムを減らすブラックリスト・サービス(前編)

[発表資料へ]