PR

 小売業界向けソフトウエア開発を手がける米Retekが,米Oracleの買収提案に応じる。Oracle社は米国時間3月22日に,両社が最終合意に達したことを明らかにした。買付金額はRetek社の発行済み株式1株あたり11.25ドル。

 Retek社は,ドイツのSAPが同社を買収することで2月に合意に達し,SAP社はRetek社の株式1株当たり8.50ドル(買収総額は約4億9600万ドル)で公開買付を実施した。

 しかしOracle社が1株あたり9.00ドルでRetek社株式の公開買付を3月9日に開始。Oracle社は,3月7日と8日に,Retek社の全発行済み株式の約10%にあたる550万株を購入済みだったという。

 これに対し,SAP社は公開買付金額を1株あたり11.00ドルに(買収総額は約6億2900万ドル)引き上げることを3月17日に発表。Oracle社も対抗して,同日に1株あたり11.25ドルに引き上げた(Oracle社のプレス・リリース)。米メディアの報道(internetnews.com)によると,  買収総額は約6億3000万ドルに達する。

 Retek社社長兼CEOのMarty Leestma氏は,「Oracle社の提案は,Retek社の株主にとって良い取引だと確信している。今後数週間にわたってOracle社と密に協力し,当社の顧客および社員の業務に差し障りがないように統合を進める」と述べた。

 一方SAP社も,「Retek社に対する買収案の金額をこれ以上引き上げないことを決め,Retek社との合意は白紙に戻す」との声明を同日発表している。「買収価格が上昇していくオークション・プロセスでは,当社の株主も,小売り販売業界の顧客も,恩恵を受けることはない。また長引けば,当社が望む見返りも期待できない」(同社)

◎関連記事
独SAPが米RetekのTOB額を11ドルに引き上げ,「米Oracleの提示より22%高い」
独SAPが米Retek買収について声明,「当社の方がより良いアプリケーション統合を実現できる」
米Oracleが独SAPの米Retek買収に横やり,1株あたり9ドルでTOBへ
独SAP,小売業界向けソフト・スイートの米Retekを約4億9600万ドルで買収へ
米Oracleが買付金額を1株あたり2.5ドル上積みで,米PeopleSoftが合併を承認
米Oracle,米PeopleSoft統合にともなう製品ロードマップを明らかに
オラクルはなぜピープルソフトを買うのか
「小売り販売業界における次世代技術導入をISVや周辺機器ベンダーが支援」,米Microsoft

[発表資料(Oracle社)]
[発表資料(SAP社)]