PR

 米EMC傘下の米VMwareが,米IBMのブレード・サーバー「IBM eServer BladeCenter」に仮想マシン・ソフトウエアの評価版をバンドルすると米国時間3月23日に発表した。両社は2002年に仮想マシン・ソフトウエアに関する戦略的提携を結んでおり,評価版の提供はこの関係を拡大するものという(関連記事)。

 IBM社は全世界で,6カ月間試用可能なVMware社の仮想マシン・ソフトウエアをBladeCenterに同梱する。提供する試用版ソフトウエアは,エンタプライズ・サーバー向けの「VMware ESX Server」,マルチ・プロセサ向けの「VMware Virtual SMP」,「VMotion」技術対応の複数サーバー資源一元管理ソフトウエア「VMware VirtualCenter with VMotion」。

 VMware ESX Serverは,データ・センターなど大規模な環境で演算資源のパーティショニング,集約,管理を行うための製品。Virtual SMPは,複数のプロセサを同時に使用して1つのゲストOSを実行できる仮想マシン・ソフトウエア。

 VMware VirtualCenter with VMotionは,複数の仮想マシンを集中管理するためのソフトウエア。動作状態にある仮想マシンを別の物理サーバーに移動できるVMotion技術に対応しており,動的な負荷分散や,サーバーを停止させずにメンテナンスを行うことが可能である。

 「当社の仮想マシン・ソフトウエアとブレード・サーバーを組み合わせることで,サーバー負荷の抑制/監視/管理が容易になる」(VMware社社長のDiane Greene氏)

◎関連記事
米VMwareがサーバー向け仮想マシン新版を提供開始,米Oracleのサーバー技術部門と提携
米IBMと米VMware,仮想マシン・ソフトウエアのバンドルで提携を拡大
米IBM,仮想化技術「Virtualization Engine」を搭載したサーバーを第2四半期に出荷
米AMDと米XenSource,オープンソースの仮想化エンジン「Xen」をAMD64に移植
米Intelが仮想化技術「Vanderpool」の暫定版仕様書を公開,対応プロセサは年内にリリース
米Microsoft,サーバー用仮想マシン・ソフト「Virtual Server 2005」を30日以内に提供開始
米Dell,サーバー/ストレージ製品と米VMWareの仮想マシン・ソフトをセット販売
米HP,VMware仮想マシン上のWindows/Linux/NetWareをサポート対象に

[発表資料(VMware社)]
[発表資料(IBM社)]