PR

 米国の新聞大手であるGannett,Knight-Ridder,Tribuneの3社が,ニュース収集サイトの米Topix.netの株式を75%取得した。Topix.net社が米国時間3月24日に発表したもの。3社はTopix.net社の株式を各25%所有し,残りの25%はTopix.net社の創設者が保有する。金銭的な条件については明らかにしていない。

 Topix.net社は,新聞,雑誌,ラジオ,放送局やブログなど,インターネット上の1万以上のニュース・ソースから収集したニュースを,30万以上のトピックに分類して提供する。同社サイトでニュースを掲載するほか,電子メールによる通知やRSS形式でも配信し,提携Webサイトへのコンテンツ提供も行っている。

 また同サイトでは,単純なキーワードの代わりにコンセプト・ベースで関連性の高いニュースを検索できる「NewsRank」技術を導入している。このためトピックはもちろん,業界別や郵便番号などを使ったニュースの検索が可能である。

 Topix.net社はGannett社,Knight Ridder社,Tribune社のコンテンツと資金を使って,NewsRank技術,サービス,インフラの向上に取り組む。ただし,今後も独立したニュース・サイトとして,引き続き同社の経営陣が運営にあたるという。

 同社CEO兼共同創設者のRich Skrenta氏は,「3社との提携により,インターネットの世界で最も優れたニュース・サイトになるためのリソースを手にいれることができる」と説明する。「当社の役割は,3社が提供する価値あるニュース・コンテンツに,ユーザーが容易にアクセスできるようにすることだ」(同氏)

 ちなみに,3社が運営するニュース・サイトの合計は140以上,月間ユニーク・ビジター数は合わせて約3000万人という。

◎関連記事
米国人の47%は「ネットでのニュース視聴が過去1年間で大幅に増加」
「ニュース・サイトの応答性は改善するも,信頼性の差が大きい」,米調査
「消費者はメディアのWWWサイトを習慣として訪問」,米調査
「イラク戦争の報道に関し,米国のネット・ユーザーによる国外ニュース・サイト訪問が急増」――米Nielsen
米Microsoft,ニュース収集サービス「MSNBC Newsbot」のトライアルを開始
米Dow Jones,金融関連ニュースの米MarketWatchをおよそ5億1900万ドルで買収
米国のニュース収集サイトを活用する
携帯電話にもRSSリーダー機能ニュースやブログを手元でチェック

[発表資料へ]