PR

 米PalmSourceは,アイルランドの首都ダブリンにエンジニアリング・センターを開設する計画を米国時間3月24日に明らかにした。同社の欧州における初のエンジニアリング・センターとなる。

 同センターでは,欧州の通信事業者とユーザーに次世代のスマートフォンを提供する技術とともに,無線技術,通信業者別サービス,アプリケーションの開発が予定されている。

 「欧州の通信事業者は,第3世代(3G)ネットワーク,最新のメッセ-ジング・アプリケーションといった技術で知られており,PalmOne社は同センターにより,欧州に配備された高速ネットワークを活用する製品の開発を狙っている」(palmOne EMEA副社長のFrancois Bornibus氏)

 同センターは,2005年夏に開設される予定。

◎関連記事
米palmOneがスマートフォンの新モデル「Treo 650」を発表
米PalmSourceと米TI,「Palm OS Cobalt」のスマートフォン参照デザインを発表
米palmOne,「Treo 600」および「Tungsten」でJavaランタイムを提供

発表資料へ