PR

 ドメイン名やIPアドレスの管理を行っている非営利組織ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は,欧州連合(EU)のドメイン名「.EU」を国別トップ・レベル・ドメイン(ccTLD:country code Top Level Domain)として扱うことを承認した。ICANNが米国時間3月23日に明らかにしたもの。現在.EUはISO 3166-1の国別コード名予約リストに掲載されているが,欧州委員会(EC)はこれをTLDとして扱うよう求めていた。

 ICANN管轄下の組織でIPアドレス管理を担当するIANA(Internet Assigned Number Authority)は,将来.EUを管理することになる非営利組織EURid(European Registry of Internet Domain Names)と共同で.EUをDNSルートに加える作業を進める。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,ICANNとEURidはこの件に関する交渉を2004年10月から行っていたという。

◎関連記事
ICANN,「.NET」の提案要請書に関する質問の受け付けを開始
ICANN,ドメイン名のレジストラ間移動に関する新ポリシーを適用開始
ICANN,米VeriSignとの係争を国際商工会議所に調停要求
ICANNの新しいsTLD選出プロセス,「.post」,「.travel」が交渉段階に入る
「世界のドメイン登録件数が過去最高の6450万件」,米VeriSign
インターネットは誰が統治すべきか――壮大な問題提起にとどまった世界情報社会サミット
ドメイン名の総元締めICANN,「巨大な権限」と「閉鎖性」に非難の声
インターネットが危機的状況――運用体制の刷新を急ぐ管理団体ICANN

[発表資料へ]