PR

 米Verizon Communicationsは,同社が買収を予定している米MCIが米Qwest Communicationsとの交渉を3月28日まで続けることに合意した。Verizon社が米国時間3月23日に,同社エグゼクティブ・バイス・プレジデントのJohn W. Diercksen氏からMCI社に宛てた書簡を公開したもの。

 MCI社は,Verizon社が取引総額約67億ドルで同社を買収することに合意。両社は2月14日に合併計画を発表した。Qwest社も買収案を出していたが受け入れられなかったため,およそ80億ドルの修正買収案を2月24日に新たに提示した。MCI社はVerizon社の承諾を得て,Qwest社との2週間にわたる協議に臨み,交渉期限の3月17日に「3月28日の業務終了までに返答する」とのコメントを発表していた。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,Qwest社が3月16日に公表した最新提案の買収総額は約85億ドル。MCI社の取締役会は3月23日にQwest社の最新提案について検討し,Verizon社の承認を得て,Qwest社との交渉継続を決定した。

◎関連記事
「修正買収案を検討する」,米MCI取締役会長が米Qwest会長兼CEO宛て書簡を公開
「米Verizonと米MCIの合併企業は米AT&Tの強力なライバルになるだろう」,米Verizon
「修正買収案を検討する」,米MCI取締役会長が米Qwest会長兼CEO宛て書簡を公開
過熱する米事業者再編,米ベライゾンがMCIを買収
target=_top米MCIの2004年Q4決算は前期比2%減収,高度IPサービス以外は不調
「米国携帯電話キャリアの顧客満足度は米Verizonと米T-Mobileがトップ」,米調査
「米国のブロードバンド市場はクリティカル・マスに達した」,米調査

[発表資料へ]