PR

 米DisplaySearchが,背面投影型テレビ(RPTV:rear projection TV)市場に関する調査結果を米国時間3月24日に発表した。2004年第4四半期における全世界の売上高は34億ドルで,前期に比べ19%増えた。出荷台数は185万台で,前期比26%増加した。ソニーが台数ベースのベンダー首位に立った。

 方式別にみると,CRT方式の出荷台数は120万台で,前期比20%増,前年同期比18%減。RPTV全体に占める割合は66%。液晶ディスプレイ(LCD),Digital Light Processing(DLP),Liquid Crystal On Silicon(LCOS)を採用する小型ディスプレイ(MD)方式の出荷台数は62万6000台で,前期比39%増。前年同期に対しては293%増と大きく拡大し,RPTV市場全体の34%となった。なお,売上高ベースではMD方式は全体の52%(17億5000万ドル)を占める。

 「CRT方式よりも薄く画像が鮮明なMD方式の出荷台数は,北米で2005年第1四半期に,全世界で2005年第4四半期にCRT方式を追い抜くだろう」(DisplaySearch社)

 地域別では北米の市場規模が最も大きく,台数ベースで全世界の59%を,売上高ベースで68%を占めた。

 ベンダー別では,ソニーが台数ベースの市場シェア24%を獲得し1位。2位は市場シェア16%の韓国Samsung Electronics。以下,フランスThomsonと中国TCLの合弁会社TTE,東芝,三菱電機,松下電器産業が続く。

◎関連記事
韓国Samsung,大型LCDガラス基板の生産ライン拡張に20億米ドル超を投資
「2004年の世界ブランド首位は米Apple,アジアの首位はソニー」,米調査
「世界LCD用ガラス市場,液晶テレビがけん引し2007年まで毎年40%ずつ拡大」,米Corningの調査
「ベスト・ブランド」のソニーが展開する海外戦略
ソニーが米消費者から5年連続で「ベスト・ブランド」に選ばれる
「デジタルTVの世界売上高は2008年に700億ドルへ」,米IDC調査
「2008年のデジタルTV出荷台数は2004年の5倍以上に」,米In-Stat/MDRの調査
「HDTV視聴世帯,2004年末までに600万世帯に」,米調査

[発表資料へ]