PR

 米Shopzilla(旧称はBizRate.com)は米国時間3月23日に,オンライン・ショッピングに関する調査結果を発表した。それによると,オンライン・ショッピング・ユーザーの大半は,,直接オンライン販売店にアクセスするのではなく,まず情報収集からショッピングを始める。

 調査は,オンラインで商品を購入するインターネット・ユーザー923人を対象にアンケートを実施したもの。オンライン・ショッピング・ユーザーの59%は,まず最初に検索エンジンや比較ショッピングサイト,ショッピング・ポータル,オークション・サイトなどを訪れ,情報を収集する。3年前のその割合は46%だった。

 また,オンライン・ショッピング・ユーザーの87%は,カタログ販売や実店舗の商品価格および在庫状況とオンラインの商品を比較しており,71%が「オンラインの方がメリットがある」と感じている。

 主な調査結果は以下の通り。

・商品を比較する場合,オンライン・ショッピング・ユーザーの37%は比較ショッピング・サイトを利用する。一方64%は,オンライン販売店の各サイトを見て回る

・オンライン・ショッピング・ユーザーは,どこで商品を購入するか決めるまでに,平均4件のオンライン販売店を確認し,決めたあとも,購入手続きをするまでに平均2.61回そのサイトを訪れる

・オンライン・ショッピング・ユーザーの43%は,「たとえお気に入りの販売店があっても,ほかに安く商品を提供しているところがあれば,安い方を選ぶ」と答えた

・「ほとんどの場合,同じブランドから購入する」というオンライン・ショッピング・ユーザーは34%,「ときどき同じブランドから購入する」ユーザーは62%。「必ず同じブランドから購入する」という回答者は1%だった

◎関連記事
「2004年12月のオンライン・ショッピング,69%がブロードバンド利用」,米調査
「2004年ホリデー・シーズンのオンライン支出が予測を超える,通年では1170億ドル」,米調査
「2004年ホリデー・シーズン,オンライン支出は前年比25%増」,米調査
「米国消費者の過半数がホリデー・ショッピングのリサーチにオンラインを利用」,米調査
「米国のEC中小企業の68%が『2005年は事業拡大の年』」,米調査
「5ドル未満の少額電子商取引,2015年には売上高が600億
「もっとも訪問者が多いショッピング・サイトは『eBay』」,米調査
比較ショッピングmySimonの創設者,ショッピング向け検索サイト「Become.com」を開設

[発表資料へ]