PR

 米Immersionがソニー子会社のソニー・コンピュータエンターテインメント(SCE)を相手取って起こしていた特許侵害訴訟で,カリフォルニア州北部の米連邦地方裁判所は,総額9070万ドルにおよぶ損害賠償の支払いをSCEおよび同社米国子会社Sony Computer Entertainment of America(SCE America)に命じた。Immersion社が米国時間3月28日に明らかにしたもの。

 Immersion社は,ゲーム・プレイに反応してコントローラが振動するハプティクス(触覚)技術に関する同社の特許を侵害したとして,SCE,SCE America社,および米Microsoftを2002年2月に提訴した。なおMicrosoft社は2003年に2600万ドルでImmersion社から特許を取得することで和解に達している(Immersion社のプレス・リリース)。

 陪審団は2004年9月21日に,Immersion社の主張を認め,SCEおよびSCE America社が2004年6月30日までに販売した製品の特許侵害に関する損害賠償8200万ドルを認定した。今回,3月24日の判決で,地裁は8200万ドルの損害賠償と,その利子分として870万ドルの支払い命令を下した。

 また,特許侵害したとされる「PlayStation」ゲーム機,「Dual Shock」コントローラおよび47のゲーム・ソフトを含むPlayStation製品に関しても,米国における製造,使用,販売,輸入を禁じる仮処分命令を出した。

◎関連記事
ソニー「PSP」の北米発売は3月24日,「3月末までに全世界300万台出荷を目指す」
任天堂,北米向け「Nintendo DS」出荷数を計画の40%増に,既に全世界で120万台を販売
Xboxのシェア拡大に伴いXbox Liveのメンバー数が140万人に到達
「2010年の電子ゲーム市場,インストール・ベースは現在の5倍以上の26億台に」,米調査
「8~34歳の米国男性は3分の1がゲーム機を所有,ゲーム内広告も効果あり」,米調査
「オンライン・ゲーム,モバイル機器のみで利用するユーザーは約10%」,米調査
「英国のビデオ・ゲーム市場は過去6年間で100%以上拡大」,英調査
「PS2でオンライン・ゲームを楽しむユーザー数が,過去1年で239%増加」――ソニー米法人

[発表資料へ]