PR

 米In-Stat/MDRは,世界のHDTV(ハイビジョン)サービスに関する調査結果を米国時間3月28日に発表した。それによると,2005年3月現在,世界で1000万世帯がHDTV番組を視聴しており,2005年末にはその数が1550万世帯にのぼる見込み。今後数年間は堅調に増え続け,2009年末には5200万世帯に達するとみる。

 ただし,In-Stat社アナリストのMike Paxton氏は「HDTV視聴世帯は拡大の一途をたどっているが,HTDVサービスの普及を実現するために克服しなければならない課題がいくつかある」と指摘する。「具体的には,HDTVコンテンツを拡充し,引き続きHDTVのメリットを一般大衆に啓蒙し,HDTVサービス提供地域(特に欧州)を拡大することだ」(同氏)

 その他の主な調査結果は以下のとおり。

・HDTVサービスが広く普及しているのは,オーストラリア,カナダ,日本,米国,韓国の5カ国のみ

・米国のHDTV視聴世帯は400万世帯で,2004年3月の160万世帯と比べて増加している

・世界のHDTV視聴世帯の45%が衛星TVサービス・プロバイダを利用しており,残りの世帯は地上波放送局やケーブルTV事業者のサービスを導入している

・米国消費者を対象としたある調査では,HDTV受像器でHDTV番組を視聴した経験がある回答者は76%にのぼった。ただしその多くは,小売店でのデモを見ただけである

◎関連記事
米国でテレビ購入予定者の過半数がHDTV対応機を希望,2004年クリスマス商戦で
米CATV団体のNCTA,全米184地域でHDTV放送を実施と発表
「HDTV視聴世帯,2004年末までに600万世帯に」,米調査
「10インチ以上の液晶テレビは2006年まで年平均成長率92%で拡大」,米DisplaySearchが世界液晶TV市場の調査結果を発表
米IntelがHDTV向け半導体技術を発表,「大型テレビの画像品質を向上し,低価格化を実現する」
韓国Samsung,HDTV向け57インチTFT液晶パネルを発表,「大きさだけでなく性能もけた外れ」
ルクセンブルクのSES Astra,欧州の業界パートナとHDTV仕様に関して合意
「今後の商用衛星は4分の1がHDTV放送用に」,アリアンスペース社長が見通し

[発表資料へ]