PR

 米Microsoftは,モバイル機器に向けたビデオ・コンテンツのダウンロード・サービス「MSN Video Downloads」を開始した。Microsoft社が米国時間3月30日に明らかにしたもの。ユーザーは,「Windows Mobile software for Portable Media Centers」などのモバイル機器向けWindowsプラットフォームを搭載したデバイスにビデオをダウンロードできる。

 すべてのビデオ・コンテンツにアクセスできるプレミアム会員の年間利用料金は19.95ドル。Webサイトでは,Microsoft社のパートナ企業が提供するニュース,スポーツ,音楽といったコンテンツを用意する。ユーザーは希望のコンテンツを選択し,「Windows Media Player 10」搭載のパソコンにダウンロードした後,モバイル機器にコピーする。

 指定したコンテンツをWindows XP搭載パソコンに毎日ダウンロードするように設定できるほか,コンテンツの保存期間を設定して,一定期間を過ぎたコンテンツを自動的に削除する機能も提供する。

 なお,会費を支払わなくてもサービスを利用できるが,その場合はアクセスできるコンテンツが限定される。

 コンテンツを提供するパートナ企業は,MSNBC.com社,MTV Networks Music社,FOX Sports社,CinemaNow社,Napster社,Food Network社など20社以上。

 Microsoft社Windows Mobile Applications and Services Marketing部門担当ディレクタのJohn Pollard氏は,「Portable Media Centersのリリースによって,ポータブル・エンターテインメントの新しい時代が幕開けした。MSN Video Downloadsでは,エンターテインメント分野でも有数の企業と提携し,ユーザーがお気に入りの番組をどこでも好きなときに楽しめるようにする」と述べた。

◎関連記事
米MS,Media2Goの正式名称を「Windows Mobile software for Portable Media Centers」に
Windows Mobile搭載の携帯型メディア・プレーヤが8月下旬以降各社から発売に
米Microsoftと米Walt Disney,デジタル・コンテンツで提携
パソコン・メーカー各社が「Windows XP Media Center Edition 2004」搭載PCを発表
「Digital Entertainment Anywhereは成功している」---Gates会長のCES 2005基調講演
米Linksysと米Intel,有料ビデオ・コンテンツを家庭内配信するためのアダプタを発表
米HPの新デジタル・エンタテインメント戦略,新製品や松下とのDVDフォーマット連携などを発表
「モバイル・サービスのユーザー1人当たり売上高に回復の兆し」,英企業の調査

[発表資料へ]