PR

 米Siebel Systemsは,オンデマンドで利用可能なホスト型CRM(顧客関係管理)サービスの新版「Siebel CRM OnDemand Release 7」を米国時間3月29日に発表した。新版は,同社が前年買収したIneto Services社のコールセンター・アプリケーションを追加した。

 同製品は,オプションとしてホスト型コンタクト・センター・ソリューションを提供する。企業は規模に関係なく,短期で導入可能なホスト型コンタクト・センターが利用できる。

 業界アナリストによれば,顧客対応の70%以上が電話による会話,またはIVR(自動音声応答)によって行なわれている。企業はSiebel Contact OnDemandモジュールにより,ハードウエア,ソフトウエア,カスタマイズへの投資が必要だった従来のコンタクト・センターのようなインフラを構築する必要なく,販売,マーケティング,サービスにおいて顧客対応を行なうコンタクト・センターの導入が可能になるという。

 Siebel CRM OnDemand Release 7は,米国でただちに利用可能。Siebel Contact OnDemandとバンドルした利用料金は,1ユーザーあたり月額150ドル。Industry Editionsも用意される。Siebel Contact OnDemandはスタンドアロンとしても提供される。

◎関連記事
米IBM,「eServer iSeries」サーバーのERP/CRM向けモデルを発表
米Siebel,CRMソリューションの新版「Siebel CRM OnDemand Release 6」を発表
米PeopleSoft,製造業界に特化したCRMの新版を発表
米シスコがIPベースのコンタクト・センター向け通信ソリューションを発表

発表資料へ