PR

 米Googleは,Web検索結果へのアクセスを高速化する「Firefox」「Mozilla」専用の機能を検索エンジンに組み込んだ。Google社が米国時間3月30日に明らかにしたもの。

 Firefox/Mozillaユーザーが同社のサイトで検索を行うと,検索エンジンはFirefox/Mozillaに対して“検索結果のトップにあるWebページをキャッシュに先読みする”よう命令する。その結果,ユーザーは1番目のWebページを素早く表示できるという。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,先読み機能はFirefoxとMozillaだけが持っており,米MicrosoftのInternet ExplorerやそのほかのWebブラウザは対応していない。この機能に対して懸念を表明するユーザーもおり,意図しないクッキー受け付けや違法コンテンツ・ダウンロードの危険性,帯域幅消費といった問題を指摘しているという。

◎関連記事
Googleに学ぶ,成功するR&D――Geeksは眠れない
米Google,Web解析ソフト・ベンダーの米Urchinを買収
米Google,ツール/API/オープンソース情報サイト「Google Code」を開設
GoogleがWindows NTのアーキテクトを引き抜く
打倒米Googleなるか? 米Yahoo!が新検索ツール「Y!Q」ベータ版提供
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
米Googleが米Microsoftに突きつけた挑戦状
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査

[発表資料へ]