PR

 医療関連の非営利団体Qualis Healthは,米政府機関のCenters for Medicare & Medicaid Services(CMS)が,消費者のための病院比較Webサイト「Hospital Compare」を開設したことを米国時間4月1日に発表した。「全米の病院の治療内容に関する情報を簡単かつ無料で参照することができる」(Qualis Health)

 同サイトは,CMSのWebサイトのリンクを通じてアクセスすることも可能。

 米メディアの報道internetnews.comによると,同サイトでは,州,都市,郵便番号で検索対象地域を指定し,参照したい病院を選択すると,心臓発作,心臓麻痺,肺炎に関する各病院の治療方法が掲載される。

 たとえば,心臓発作患者に対する適切な処置は,病院到着後できるだけ早くベータ遮断薬を投与することだが,すべての病院がこれを常に行っているとは限らない。同サイトでは,自らが指定した病院で,この治療がどの程度行われているか確認できる。将来的には,その他の疾患や,患者の満足度に関する情報などを追加する予定だという。

 CMSは米保健社会福祉省の一部で,医療保険制度「Medicare」および同扶助制度「Medicaid」を運営している。Qualis Healthは,Washington State Hospital Associationおよび提携病院と共同で,ワシントン州の医療向上に取り組んでいる。

 ◎関連記事
米ニューオーリンズの医療施設Touro Infirmary,米IBMの中小型メインフレームでペーパーレスの病院を目指す 
水戸黄門も電子カルテもベッドサイドから、ヴァイタス、アクシスソフトなど6社が病院向けサービス
「子供を難病から救え」――St. Jude病院にITの豊かな実りを見る
米SureScripts,「全米の薬局の75%以上が当社の電子処方箋サービスを導入」
「医療分野で利用が進むCADシステム,2006年には1億70万ドル規模に」,米調査
医療関連団体,オーダーメイド治療の提供に向け米IBM製スパコンを導入
米Kodak,医療機関向け画像管理ソリューションで米IBMと提携 

[発表資料へ]